HOME 教育状況公表 本日
無機工業化学 戻る 進む 別窓で開く

スマホがなくなったら―情報とメディア、家電―

山形大学  理工学研究科(工学系)  化学・バイオ工学科  立花和宏・伊藤智博


English korea 簡体 繁体

光と写真

20世紀。アボガドロ数からの離陸。


TANOKAGA! 銀塩写真

アイマス・デレステ 8K60fps MV

ノスタルジックトレイン(実況)

米坂線前面展望

に墨で文字を書いた時代があった。 動力を使って紙に印刷できた時代が訪れた。 手紙を郵便で届けた時代があった。 電気が使えるようになって、 電信で情報を遠くまで一瞬で送れるようになった。 電話で肉声を遠くまで届けられるようになった。 その肉声を記録できるようになった。 写真ができた。ラジオができた。テレビができた。 FAX ができた。 そしてインターネットの時代がやってきた。 今、見ている画面は液晶ディスプレイ。半導体の技術を応用して作られる。

インターネットでラジオが聞ける時代。 http://radiko.jp/

インターネット で動画が見られる時代。
https://abema.tv/

鷹山 メディアと技術の発達

色空間 )

8Kディスプレイの色域の規格について調べ、8Kディスプレイを活かす用途について書きなさい。

染料と顔料

課題: シャチハタがビジネスの現場で敬遠される理由は印影のユニーク性に問題があることに由来するが、その前に朱肉を使わないということの意味について考えてみよう。

色度座標

墨汁、漆、朱肉、絵の具、クレタケ、みくに


顔料をアラビアガムに分散した絵の具( 出典: ホルベイン 透明水彩絵具

LEDと照明

岩絵の具や油絵の具に使われる歴史的な顔料または染料と色の組み合わせを選び、顔料または染料に含まれる無機化合物とバインダーの性質について調べ、どのような用途で使われたか書きなさい。医薬品として使われたマーキュロクロム液のように有機金属錯体も無機化合物の顔料または染料に含めてよい。
  1. 図7.29 液晶ディスプレイの原理
    野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて― , 講談社サイエンティフィク , p.200 (2004).
  2. 6.2.4. 接着剤 c.重合型
    野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて― , 講談社サイエンティフィク , p.156 (2004).
  3. 液晶パネルの作り方
    松林光男/渡部弘 著, イラスト図解 工場のしくみ , 日本実業出版 , p. (2013).


先生:「さて、接着剤を硬化させるのに必要な紫外線。どうやって作るか?」
学生:「太陽の光じゃだめなんですか?」
先生:「夜になったら操業できなくなるじゃないか?」
学生:「その方がエコでは?」
先生:「確かにエコだけど、製品の品質を一定にするのに一定の品質の紫外線があった方がいいでしょ?」
学生:「なるほど、そうですね!電球からも紫外線が出るんですか?」
先生:「電球からも出ないわけではないけど、もっと効率的にするにはどうしたらいいと思う?」
先生:「紫外線を取り扱うときはUVゴーグルを忘れずにね!でないと目がうさぎさんになっちゃうよ」
学生:「はい」
先生:「では、今日特別に紫外線硬化型の接着剤を使って硬化実験を行ってくださる 共立化学産業 の__さんと、 ウシオ電機 の___さんです!」

http://www.kyoritsu-chem.com/about/news/report/150717.html

酒石酸

磁性材料

ビッグデータと人工知能

染料と顔料

色度座標 スペクトル

天然染料

植物染料

アイ、ベニバナ、アカネ、シコン
出典:紅花資料館

動物染料

カイムラサキ、コチニール

合成染料

モーブ、アリザニン 染色 保土ヶ谷化学の色素材料

スマホのボディーにはアルミニウムに着色した着色アルマイトが使われています。

ベニバナ
小野寺先生

本学卒業間際に全く思いがけぬことから急に大学に残ることになってしまった。とは言うものの大学の教員は自分には似合わないし、折を見て逃げ出そうと考えていた。しかし恩師小原平太郎教授とベニバナとの出会いがその決意を鈍らせ、とうとう定年まで母校で過ごさせていただくことになってしまった。小原教授と山形県に関係の深い仕事を、と始めたのがベニバナの色素成分に関する研究で、研究を始めた当初は数年で終るものと安易に考えていた。しかしベニバナの色素成分は予想をはるかに上まわる難物であった。意欲十分な研究室スタッフ、多くの修士、学部の学生さんと日夜実験に励み、分析機器の発達にも助けられてようやくその全貌が明らかになったのは研究を始めてから40年近くも経ってからであった。炎天下でのベニバナ摘み、徹夜での合成実験や分離作業で苦労に苦労を重ねた卒業生達は全員、卒業後企業人としてすばらしい活躍をしている。若い時の苦労と情熱が人を育てることを実感していると同時に、ベニバナという一つの植物研究を通して培われた固い絆は私達研究室スタッフにとっても、卒業生にとっても何にも変えがたい貴重な財産となっている。

岩絵の具や油絵の具に使われる歴史的な顔料または染料と色の組み合わせを選び、顔料または染料に含まれる無機化合物とバインダーの性質について調べ、どのような用途で使われたか書きなさい。医薬品として使われたマーキュロクロム液のように有機金属錯体も無機化合物の顔料または染料に含めてよい。

液晶パネルとディスプレイ

8Kが来た。オリンピック、医療、アニメ、ゲーム、自然、高精細を活かす市場は何か?


ピカッとさいえんす 液晶ディスプレイ

山形大学 大学院 理工学研究科 C1ラボラトリー
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53202/53202_12.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.