🏠
🌡️ 📆 令和4年11月28日
⇒#882@講義;

👨‍🏫   植物界

伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫

電気化学の庵 では、 「 生物の進化と系統樹 」 の中で、 「植物界」について 述べられています ⇒#882@講義;。

📆 初版

イネ、コンブ、タンポポなどの草本やイチョウ、マツ、コナラなどの樹木1)。

葉、根、茎などの器官を野菜や根菜として利用するほか、種子や果実を食物として利用します。農業では肥料を使います。2)に肥料の重要な成分は窒素3)、リン4)、カリウム5)であることが発見され6)ました。

繊管束系の師部繊維を植物繊維として糸の原料に利用します。食物繊維として健康に役立てることもあります。また繊管束系の木部繊維をパルプとして紙の原料に使用します。

裸子植物、被子植物、単子葉類などの分類があります7)。

原核生物界8)、原生生物界9)、10)、11)、12)という木構造を系統樹といいます13)14)。

【関連書籍】

15)

16)

17)

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ では、 「 植物園 」 の中で、 「東北大学植物園@宮城県仙台市」について 述べられています 18)。

19)

植物資源



関連の展示品

◇ 参考文献( 書籍 ・雑誌 ・URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2 id='yznl882' > <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=882'> ◇ </a> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/57420/57420_04.asp#fig_phylogenetic_tree'> 植物界 </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=882'> <q><cite> 植物界 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11008'> 電気化学の庵 <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=882'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=882 </a> ,  (参照 <time datetime="2022-11-28">2022-11-28</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=882


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.