教育用公開ウェブサービス

背景と目的

ITやAIの人材を育成するために、学生が自らプログラムやホームページを作成できる実習環境が必要不可欠である。 学術情報基盤センターの認証情報が利用できるため、利用者IDを新規に発行することなく、シームレスにウェブページ作成の実習環境を提要可能である。

授業において,学生の授業成果の公開やウェブページの作成の実習環境を整備することを目的とする。 また,公開されたコンテンツの取り扱いやウェブサーバの運用管理、データベース連携などの今後のIT教育に必要な実証研究をすることも目的の1つとしている。

本サービスは、学校教育法や教育基本法に基づき,本学の教育・研究活動の成果を広く社会に提供し,社会の発展に寄与することを目指している.教育実習のみらず,学校教育法 第百十三条に基づき,教育研究活動の状況を公表のために利用してもよい. 教育基本法第七条には, 学術の中心として、高い教養と専門的能力を培うとともに、深く真理を探究して新たな知見を創造し、これらの成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与すると述べられている. また,学校教育法第八十三条にも,その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。と述べられている。

第八十三条 大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。
② 大学は、その目的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。
第百十三条 大学は、教育研究の成果の普及及び活用の促進に資するため、その教育研究活動の状況を公表するものとする。

研究室のオリジナルページとして教員が研究成果を公開したい場合は、レンタルサーバWebホスティングサービス2をご利用ください。学生の教育研究活動や統合認証を活用した情報発信を目指す場合は、この限りではありません。

使い方

代表的な授業科目


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Default.asp

Time Travel