米沢高等工業学校本館

米沢高等工業学校校歌


作詞:土井晩翠
作曲:松平信博


ほまれの 名君 治めし績(いさお)
余韻は絶えせじ とこしえ遠く
勤倹習いと なりたるこの地
新たな時世に 新たな光
添え得つ 高等工業校舎

ほまれの名君、上杉鷹山が 「なせば成る」を壁書したとされる 餐霞館


明治 の聖代 四十と三を
数えしその年 基(もとい)をおきて
はくぐみ来たりし 子弟の栄
今はた貢献 斯界(しかい)の上に
教を布きゆく 富国の道に

日本 の未来をかけて明治43年に 米沢高等工業学校が開校した


吾妻 は聳えて 高きをさとし
松川流れて 遠きを示す
その その 仰ぎて俯して
朝夕無言の 教えにひたり
希望のあふるる 数百の健児

学生が朝夕無言の教えを受ける吾妻と松川


金剛 堅かれ 心の誠
身を立て名を揚げ 東亜の空に
光と照るべく 進みて励め
青春勇みの わが世の門出
誉は伝えん 無窮の末に

青春の訳詩が刻まれた石碑

http://noike.info/~kenzi/cgi-bin/smf2mp3/

アクセス