C1ラボラトリー(応用化学科第1講座)   C1 Laboratory
HOME 教育状況公表 本日

図面の表し方

卒業論文、修士論文、博士論文、学術論文、特許明細書などでは、 図面図表、図形の表現が併用されます。 グラフ回路図、フローチャート、 写真イラスト地図などがあります。 数式、化学式、反応式などの も図面として、本文とは別に扱われます。

学術的な性質を有する 図面、図表、 図形は、 著作権法 に定められた著作物です。 引用する場合は、慣例に従い、転載する場合は、転載許諾をとりましょう。 法令順守は研究 倫理 です。

製図

製図(drawing)は工学部の基本。 外形線は太く0.7mm≒2pt以上で書きます。 あいまいな線は描いてはいけません。 Z8317-1:2008 によると矢印の末端記号は30°塗りつぶし矢,30°白抜き矢,30° 開き矢,90°開き矢,斜線(45°傾斜)と規定されており, 寸法数字の記述スペースから90°開き矢に近似される矢印記号に修正をしました. また,寸法数字ですが,最近の機械製図の教科書や Z8317-1:2008 の例をみると,寸法数字はローマン体なので,斜体からローマン体 に修正しています.直径記号φは斜体のようです.

html ホームページに描くときには SVG などのベクター形式や canvas を使います。

ロゴの例

矩形の描画SVG
Fig.アノード酸化のセル( 増子勝一
外形線の太さ
情報処理概論 ホームページの仕組みと応用 -受講成果を公開しよう-

透視図

パースなどとも呼ばれます。三次元グラフィックス、3Dなどと呼ばれることもあります。

分子模型も三次元グラフィックスで実現できます。紙模型を作って写真に撮影するのとどちらが理解が進むか。

©2017 M. Sekiguchi

回路図

電気回路を電気用図記号で表した図を回路図(circuit diagram)と言います。 svgで表現した図の内部にリンクを貼るにはxlink:href属性を指定します。

© Tomohiro Ito

グラフ

下のダウンロードは 関口理希氏のCAD作品です。方眼紙が著作権法で定めた「思想又は感情を創作的に表現したもの」であるかどうかは疑問です。

縦軸と横軸には量記号と 単位 を明記します。 svgで表現した図の内部にリンクを貼るにはxlink:href属性を指定します。 svgの中ではvarタグが使えないようです。 tspan font-style = "italic"を指定します。 html中では意味的にiタグを使うよりvarタグを使った方が良いでしょう。 Microsoft ExcelやGoogle Sheetを使ってグラフを作る場合、凡例や有効数字が 学術的な図面にならないことがあるので手動で設定しましょう。

Google Chartを使ってグラフを作る場合、凡例や有効数字が 学術的な図面にならないことがあるので手動で設定しましょう。

表計算ソフトとプレゼンテーションソフトを組み合わせて作図するのもいいでしょう。

© 2017 T. Suzuki
グラフの表し方
リサージュ 計量法 計量標準総合センター

写真や画像

写真は、 著作権法 に定められた著作物です。著作権は撮影者にあります。人物が写っているときの肖像権は被写体となった人にあります。 絵画などの著作物を撮影した場合、その著作物の著作権は移転しません。

日本写真家協会

写真は表現力がある反面、伝えたい内容が不明瞭になることもあるので濫用は避け、本文中に説明を入れましょう。 顕微鏡写真ではスケールを入れましょう。原稿が拡大・縮小されることも多々あるので、倍率の表記だけでは不十分です。 縦横比を変えないようにしましょう。

銀クーロメーター https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/RoomPicture/0957/20170629/IMG_2013.jpg
顕微鏡

カラー画像は、印刷物、ディスプレイによって色の表現が異なることに配慮しましょう。

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/RoomPicture/0957/20170629/music.jpg
イネ 色度座標
CMYK

物質化学工学実験Ⅳ
卒業研究
式の表し方
表の書きかた 図の検索

a b d


山形大学大学院 理工学研究科
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
C1ラボラトリー
准教授 伊藤智博 0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/
c1@gp.yz.yamagata-u.ac.jp