HOME 教育状況公表 令和4年5月20日

12. ポスター-図表の活用-

卒業研究 💬 Web Class Syllabus 54299 Files 研究テーマ 通年・金曜日 C1 3-3301へ入室
山形大学  工学部  化学・バイオ工学科  仁科辰夫・伊藤(智)研究室

English Korea 簡体 繁体

ポスター・プレゼンテーションは、図表による表現とオーラル(口頭)による組み合わせです。 オーラルのショートプレゼンテーションがセットになることもあります。

発表番号や題目、著者は、ポスターの上の方に配置します。 スライド1枚目に書きます。

発表番号 タイトル
  1 ポスター

ポスターは、A4版用紙(210 × 297) スライド(12 枚以内)にまとめてください。会場開催の場合の A0 判(841 × 1189)ポスターに 代わり,このスライドをポスターとする場合があります。 スライドは,標準サイズ 4︓3 としてください。

発表番号 タイトル
  2 ポスター
表面技術公演大会

白黒原稿ではなくカラー原稿とすることが多いです。

印刷原稿では、アウトラインフォントを組み合わせたeps形式を使います。 eps形式を印刷にはpsプリンタを使います。

要旨も必要です。

グラフ(チャート)の書き方

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/Common/Chart/Chart.asp
石炭 石油 " 産業革命 " 太平洋戦争 " 現在 165017001750180018501900195020002050600500400300200 年代 y / year 二酸化炭素濃度 C / ppm
  3 二酸化炭素濃度
©2020 K.Tachibana, SST

2022年5月20日CO2濃度は、 推定438ppm。 この100年間で、地球大気中の二酸化炭素の濃度は1.4倍になった。 前史時代の二酸化炭素濃度は、280ppmでほぼ一定だった。 石炭 を使い始めた産業革命から指数的に増加を始めた。 石油を使い始めてからは指数項が加わった。

今、地球がヤバい。 脱炭素社会 には 再生可能エネルギー の活用が必須。そのためには、電気を 備蓄 する電池が必須なのだ。


山形大学大学院 理工学研究科
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟)3-3301
C1ラボラトリー
准教授 伊藤智博 0238-26-3753
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/
c1@gp.yz.yamagata-u.ac.jp