HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS

物質化学工学実験W

物質化学工学実験W (仮配属) Google+ files 53259 C1 C1 3-3308 9-300-3 3-3301 RiceField

緒言

C1物質化学工学実験W

情報処理概論の単元 3D-CADを使った分子模型作成 でやったとおり、 3Dプリンターを使って、CADデータを出力することができます。

3Dプリンターによる造形の様子
電気抵抗とコンデンサの並列接続の概念図 (©赤間未行

卒業研究でも活用できるといいですね。

文部科学省学位規則 では、博士論文の質を担保するという観点からその公表について規定しているが、 博士論文に限らず、教育研究成果の質を担保し、文化の発展に貢献する姿勢が身についていることは 山形大学の ディプロマ・ポリシー"や 工学部の ディプロマ・ポリシー にも規定されていることである。 それらの趣旨にのっとり、受講の成果物の質を担保し、教育研究成果の電子化及びオープンアクセスの推進の観点から電子形態で公表する。 (立体形状による表現を含んでいたり著作権などの知的財産権や個人情報に関する制約がある場合を除く) 公表の許諾は自らのアップロードをもって同意したとみなすので、許諾できない場合は個別に相談すること。 山形大学学部規則には、 前項の成績の評価は,試験,報告書,論文,平常の成績等によって行う。とあり、教育研究成果とはこれらに含まれる文化の発展に資する情報をさす。

誰が言ったかではなく、何が正しいか。

正しさの追求。 「教授が言ったから」「先輩が言ったから」「政治家が言ったから」・・・ 誰が言ったって間違いは間違い。何が正しいかを追求し続ける姿勢こそ研究のあるべきカタチ。

エコ研究のすすめ


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53259/53259.asp