🏠
🌡️ 📆 令和6年2月22日

◇ 環境と安全への品質基準-規格と法律-

山形大学  理工学研究科(工学系)  化学・バイオ工学科  🔋 C1 📛 立花和宏

🔚 品質管理 🏫 Web Class syllabus 53225 📆 🌸 前期 火 🕐 13:00~14:30 🕝 ( 中示B) Files C1
表   1 規格(標準)と法律
規格 説明 法律
ISO 9001 1 ) 一貫した 製品・ サービスを提供し、顧客満足の向上を図る 品質表示法など 、PL法
ISO 14001
ISO22000、FSSC22000 * HACCP +ISO 9001 食品衛生法
ISO 27000 2 ) 個人情報保護法
ISO 45001 労働安全法

安全第一

安全 + 第一

高温で溶かす、劇薬で化学反応を起こす……、そんな工場のイメージはとても事故が多そうな感じがしますが、実はそうでもありません 5 ) 。

研究開発現場、製造現場、輸送時、製品、廃棄物、食……と安全は多岐にわたる 6 ) 。

各工場では、安全第一の標語をかかげ、生産能率より安全を優先させ、労働災害の防止につとめながら生産活動にあたたっている 7 ) 。

ヒヤリハット活動、KY活動、指さし呼称、やりきり厳守 8 )

安全の基本 9 )

緊急時の対応

火災 爆発 漏洩 地震 事故(けが、急病)

実験廃棄物の処理

表   2 ◇ 米沢キャンパス から排出される 実験廃棄物
分類 対象物
有害ゴミ 蛍光管 水銀 を含む電池 など
実験廃棄物 放射性物質 PCB 石綿(アスベスト) 発火性、 引火性物質 アルカリ金属 爆発性物質 健康障害を引き起こす化学物質
廃液 (a)無機系廃液 (b)写真廃液(現像液、定着液) (c)有機系廃液 (d)難燃性有機廃液(含ハロゲン) (e)廃油(機械油、植物油など) (f)シリコンオイル
固形廃棄物 溶剤に溶けるものは、無機・有機廃液とする。
産業廃棄物 試薬瓶・缶 廃プラスティック類 シリカゲル・アルミナ ガラス器具(一斗缶) 金属片・ワイヤー 電線 など 病原性徴生物による汚染物質 ガラス器具は、一斗缶に入れる ほかは透明ビニールの袋で研究室を記名 4号館北東玄関脇、月末金曜日
「安全マニュアル」
https://www.yz.yamagata-u.ac.jp/jimu/kikaku/inside/dl5.html
https://www.yz.yamagata-u.ac.jp/current/attention/
「実験廃棄物の適切な処理および廃棄のためのマニュアル」

故障しないことと安全なことは違う!


PDCAサイクル

表   3 QCストーリーとPDCAサイクル
サイクル 基本ステップ 実施事項 例
P:plan 1⃣ テーマの設定
  • 問題点をつかむ
  • テーマを決める
ダイエットする!
2⃣ 現状の把握と目標の設定
  • 事実( データ)を集め攻撃対象( 特性値 )を決める
  • 目標値と実施期限を決める
今どうなってるの? 今の体重は? 背景の調査、目的、 シラバス
3⃣ 活動計画の作成
  • 実施事項を決める
  • 日程・役割分担を決める
これからどうするの? 誰が、いつ、何をするの?
ウォーキング15分 研究計画書、 年間授業計画
4⃣ 要因の解析
  • 攻撃対象 (特性値)の現状を調べる
  • 要因を突き止め、対策項目を決める
D:do 5⃣ 対策の検討と実施
  • 対策案を検討、具体化する
  • 対策実施の方法を決め、実施する
C:check 6⃣ 効果の確認
  • 対策結果を確認する
  • 目標値と比較し成果をつかむ
目標の体重になったか?
A:action 7⃣ 歯止め
  • 標準化
  • 管理の定着化
食べている量が多かったか? 計画の見直し、マンネリ化防止
8⃣ 残された問題点へのフィードバック
  • 標準化
  • 次の計画へ反映する

品質のISO9000とHACCP、環境のISO14000

プレーヤー同士が定めるルールとしては国際標準化機構、頭文字をとってISOがあります。 日本工業規格、頭文字をとってJIS、 食品のHACCP、ハセップ、ハサップがあります。 品質をまもるISO9000、環境を守るISO14000、いずれもメーカーと消費者が 囚人のジレンマ に陥らないようにするためのルールです。
(松林光男/渡部弘 著, イラスト図解 工場のしくみ , 日本実業出版 , p.150,p.151)


ISO 9001

表   4 ISO 9001規格の要求項目
  • 4.品質マネジメントシステム
  • 5.経営者の責任
  • 6.資源の運用確認
  • 7. 製品実現
  • 8.測定、分析および改善
JIS
日本適合性認定協会 JAB 品質マネジメントシステム(QMS)認証 (ISO 9001) (社)日本能率協会 JMA 品質マネジメントシステム(QMS)認証 (ISO 9001)

ISO 14001

表   5 ISO 14001規格の要求項目
  • 4.1 一般要求事項
  • 4.2 環境方針
  • 4.3 計画
  • 4.4 実施及び運用
  • 4.5 点検および是正処置
  • 4.6 経営層による見直し
日本適合性認定協会 JAB 環境マネジメントシステム(EMS)認証 (ISO 14001) (社)日本能率協会 JMA 品質マネジメントシステム(QMS)認証 (ISO 9001)
表   6 単位を決める産学官
組織 説明
計量法 計測 単位に国際単位を使うと法律で定めている 18 ) 。 取引 や証明 に使う計測器は、定期的に検定・検査しなければならない。
JIS Z 8203
国際度量衡委員会

JIS

表   7 JIS
部門記号 説明
A.土木及び建築 一般・構造/試験・検査・測量/設計・計画/設備・建具/材料・部品/施工/施工機械器具
B.(一般機械) 機械基本製図 /機械部品類/FA共通/工具・ジグ類/工作用機械/光学機械・精密機械
C.(電子機器及び電気機械) 測定・試験用機器用具/材料/電線・ケーブル・電路用品/電気機械器具/通信機器・電子機器・部品/電球・照明器具・配線器具・電池/家電製品
◇ D.( 自動車) 試験・検査方法/共通部品/エンジン/シャシ・車体/電気装置・計器/建設車両・産業車両/修理・調整・試験・検査器具/自転車
◇ G.( 鉄鋼) 分析/原材料/鋼材/鋳鉄・銑鉄
H.( 非鉄金属) 分析方法/原材料/伸銅品/その他伸展材/鋳物/機能性材料/加工方法・器具
◇ K.(化学) 化学分析・環境分析/工業薬品/石油・コークス・タール製品/脂肪酸・油脂製品・バイオ /染料原料・中間物・染料・火薬/顔料・塗料/ゴム/皮革/プラスチック/写真材料・薬品・測定方法/試薬
◇ L.( 繊維)) 試験・検査/糸/織物/繊維製品/繊維加工機器
🔷 M.(鉱山) 採鉱/選鉱・選炭/運搬/保安/鉱産物
P.(パルプ及び紙) パルプ/紙/紙工品/試験・測定
Q.(管理システム) 標準物質/ 管理システム等
R.( 窯業) 陶磁器/耐火物・断熱材/ガラス・ガラス繊維/ほうろう/セメント/研磨材・特殊窯業製品/炭素製品/窯業用特殊機器
S.( 日用品) 家具・室内装飾品/ガス石油燃焼機器・食卓用品・台所用品/身の回り品/はきもの/ 🚂 文房具・事務用品/運動用具/娯楽用品・ 🚂 音楽用品
Z 物流機器/包装材料・容器・包装方法/共通的試験方法/溶接/放射線/マイクログラフィックス/基本/環境・資源循環/工場管理・ 品質管理 / 単位

標準化の対象にデータ、サービス、経営管理等を追加し、「日本工業規格(JIS)」 を「日本産業規格(JIS)」に、法律名を「産業標準化法」に改めました。


囚人のジレンマ

表   8 囚人のジレンマの利得表
立花研\伊藤研 【A】.伊藤研は 🏞 ごみ 減量に努力する 【B】.伊藤研は🏞 ごみ をこっそり立花研へ
【1】.立花研は 🏞 ごみ 減量に努力する 【A-1】. (立花研:環境保護、伊藤研:環境保護)
お互い苦労したけど、なんとかなりましたな(笑🙂)
【B-1】. (立花研:ごみためじゃ~(号泣😭)、伊藤研:しめしめ、すっきり(爆😁))
【2】.立花研は🏞 ごみ をこっそり伊藤研へ 【A-2】. (立花研:しめしめ、すっきり(爆😁)、伊藤研:ごみためじゃ~(号泣😭)) 【B-2】. (立花研:環境悪化、伊藤研:環境悪化)
ふたりともひどいことになっちまった(泣😢)

立花研は個人的利益を最優先することを考えてみました。

自分ファーストで戦略を選んだ場合(損得)、ふたりとも最悪(善悪)になってしまいました。 囚人のジレンマのn人プレーヤーバージョンは、 共有地の悲劇(コモンズの悲劇)として知られています。

利得表は、 ペナルティやインセンティブによって書き換えることができます。

19 )

◇ 参考文献

品質管理

2024年1月21日  C1 松木健三名誉教授がご逝去されました。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53225/53225_06.asp

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.