🏠
🌡️ 📆 令和5年2月6日

◇ 研究計画とガントチャート

🔋 仁科辰夫・伊藤(智)研究室
◇ 輪講 Web Class Syllabus 54700 54750 Files 研究プロジェクト 👀 テーマ 3-3301へ入室

輪講Ⅰ

輪講を通じて、英語を含む専門文献の読解力を養い、説明の仕方に習熟し、質疑応答等の討議に積極的に参加する習慣を身につける。そのため、技術系の英語を含む専門文献が抵抗なく読みこなせる能力を身につけ、講師として、他人に理解してもらえるように説明する能力を養う。また、聞き手として、講師の説明がわからない部分について的確に質問できる能力を養う。 <目標> 1)卒業研究に関連した分野の英語論文が読め、内容が正しく理解できる 2)論理的な思考力・記述力、発表・討議能力、コミュニケーション基礎力を身につける 3)発表のための スライド等を用意し、それを使って効率よく発表内容を説明できる 4)質問者に対して適切な回答を行うことができる 5)他人の発表や考え方に対して質問を行い、自分の考えを要領よく伝えることができる

輪講Ⅱ

師弟同門主義

輪講は文字通り、輪になって順番に講義すること。 講義は、文献を読んで、説明することです。

第1節 師弟同門主義

松陰は、野山獄で囚人とともに孟子を読み、研究していくうちに次のような論理を打ち出した。 「道は古聖賢大氏云ひ尽せり、行なひ尽せり、今の學者多くは其の書を観て口真似を爲すのみ、 別に新見卓識古人に駕出するに非ず。然れば師弟共に諸共聖賢の門人と云ふものなり。 同門人の中にて妄りに師と云ひ弟子と云ふは、第一古聖賢へ對して憚り多き事ならずや。」

このように、松陰は昔の聖人・賢人に対しては、師匠も弟子も皆聖賢を師として共に精進する同門・同学の徒であるとした 。 師弟同門という考え方は、松陰の基本的姿勢であり、「安政四年に馬島春海が松下村塾に入門し、 松陰が最初に会ったときに、『教授は能はざるも、君等と共に講究せん』と語った」

ということから、下松村塾においても貫かれていたことがわかる。

https://www.e-consul.info/manage/syouincoach/

研究計画

ガントチャート
図   1 ガントチャートの例

ガントチャートは、計画情報やロードマップの共有によく使われます。 工場では、ヒヤリハット報告書などといっしょに現場の掲示板に張り出されます。 そのほかのプロジェクト管理としては、PERTなどが知られています。

研究に必要な資金は、科研費などの助成金、共同研究費、奨学寄附金などからまかなうことになります。

科研費申請の手順や様式を参考に 研究計画を立ててみましょう。

科研費

研究課題情報(Research project information)
応募情報入力
研究経費とその必要性(Research Expenditure and Their Necessity)
研究費の応募・受入等の状況 ( The Status of Application and Acquisition of Research Grants )

文献を読んだら、研究計画に移ります。

研究計画

研究に必要な資金は、科研費などの助成金、共同研究費、奨学寄附金などからまかなうことになります。

科研費申請の手順や様式を参考に 研究計画を立ててみましょう。

研究計画 ガントチャート 科研費
表   1 大学での研究予算の種類
種類 財源 用途
奨学寄附金
共同研究 備品 、消耗品、試薬 旅費など
学術指導
受託研究 科研費、助成金など 備品 、消耗品、試薬 旅費など
🔓

大学では、請求書ではなく、納品書で会計処理。検収。

コメリ、ムサシは専用カードで、売掛。

書籍は、図書館で処理。固定資産。


◇ 参考文献



  1. ホームページ
  2. 5Sと赤札作戦
  3. ◇ 月例報告書
  4. ◇ 学会発表や論文投稿を計画しよう
  5. 高校の積み残しは卒業
  6. ◇ 学会発表、申し込み完了
  7. 書く、話す
  8. 授業の復習も終わり
  9. 緒言の書きかた
  10. ストーリーの構成
  11. ◇ 学会発表
  12. ポスター
  13. スライドと台本の作成
  14. ◇ 要旨の作成
  15. 前期終了まとめ
  16. 中間発表リハーサル(初回)
  17. ◇ 研究計画書(科研費申請書)
  18. 中間発表リハーサル(2回目)
  19. 10月月例報告書
  20. 中間発表リハーサル(3回目)
  21. 卒業研究中間発表
  22. 論文の下書きをはじめよう-章立て-
  23. 論文の下書きをはじめよう-題目-
  24. 論文の下書きをはじめよう-結論と要旨-
  25. 論文の下書きをはじめよう-結果と考察-
  26. 論文の下書きをはじめよう(冬休みの前に)-実験方法-
  27. ◇ 卒業論文題目の確定
  28. 論文から要旨とプレゼンを作ろう
  29. 最終月例報告書(卒業論文)
  30. 発表会(最終試験)

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54297_01.asp


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.