HOME 教育状況公表 令和3年10月25日

07.書く、話す

卒業研究 Web Class Syllabus 54299 Files 研究テーマ 通年・金曜日 C1 3-3301へ入室

山形大学  工学部  化学・バイオ工学科  仁科辰夫・伊藤(智)研究室

100 mLビーカーにアジピン酸アンモニウム溶液またはヘクトライト2wt%/水分散液を100 mL入れた.液が入った100 mLビーカー内に50V化成アルミ箔を電極間距離6 mmとなるようにワニ口クリップで固定しセルとした. LCRメーター(HIOKI)を用いてインピーダンス|Z|と位相角θを測定した. 直列等価回路と仮定して,静電容量Csを求めた.  

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/auth/54299/c1/_Extra_Syllabus/_2020_R02/_20210304/_20210304_tanabe.asp

ひとつの段落(バラグラフ)に複数の話題(トピック)が含まれています。

 ̄|段落改行|_

100 mLビーカーにアジピン酸アンモニウム溶液またはヘクトライト2wt%/水分散液を100 mL入れた.液が入った100 mLビーカー内に50V化成アルミ箔を電極間距離6 mmとなるようにワニ口クリップで固定しセルとした.

LCRメーター(HIOKI)を用いてインピーダンス|Z|と位相角θを測定した.

直列等価回路と過程して,静電容量Csを求めた.  

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/auth/54299/c1/_Extra_Syllabus/_2020_R02/_20210304/_20210304_tanabe.asp
スライドと台本の作成 テキスト音声変換 荒木ゆい 南部ゆづる 好実(このみ)エリカ 巡音ルカ 初音ミク
  1. ホームページ
  2. 5Sと赤札作戦
  3. 月例報告書
  4. 学会発表タイトルを決めよう
  5. 高校の積み残しは卒業
  6. 学会発表、申し込み完了
  7. 書く、話す
  8. 授業の復習も終わり
  9. 緒言の書きかた
  10. ストーリーの構成
  11. 学会発表
  12. ポスター
  13. スライドと台本の作成
  14. 要旨の作成
  15. 前期終了まとめ
  16. 中間発表リハーサル(初回)
  17. 研究計画書(科研費申請書)
  18. 中間発表リハーサル(2回目)
  19. 10月月例報告書
  20. 中間発表リハーサル(3回目)
  21. 卒業研究中間発表
  22. 論文の下書きをはじめよう-章立て-
  23. 論文の下書きをはじめよう-題目-
  24. 論文の下書きをはじめよう-結論と要旨-
  25. 論文の下書きをはじめよう-結果と考察-
  26. 論文の下書きをはじめよう(冬休みの前に)-実験方法-
  27. 卒業論文題目の確定
  28. 論文から要旨とプレゼンを作ろう
  29. 最終月例報告書(卒業論文)
  30. 発表会(最終試験)

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54299_07.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.