HOME 教育状況公表 本日
情報処理概論 戻る 進む 講義スライド
情報処理概論 WebClass Google+ files syllabus 52210 C1 情報機器の準備

ホームページの仕組みと応用 -受講成果を公開しよう-

講義スライド

ウェブページで代用できるものは代用しよう

対面教育 vs. サイバー大学(放送大学)

対面教育の価値は、何か?サイバー大学と放送大学の違いは? 大学と高校までの違いはなにか?

E-ラーニングでできる教育は、ネット配信に任せればよい。 対面教育の価値、サイバー大学の価値、放送大学の価値を見直そう

ウェブサービスの準備とレンタルサーバ

組織内にサーバを使うかそれともレンタルサーバを借りるか? 転送量(通信料)や電気代がかかる。 レンタルサーバの費用は主に転送量に依存する。 ファイルの移動はftpを使うことが多い。

そっくりさんの偽サイトを作ってクレジット番号やパスワードを盗みとるようなことは犯罪行為、 技術者倫理違反! 使うときはそのサイトはホンモノか疑おう。 また自分で偽サイトを作ることは絶対にやめましょう!

マルチメディア表現

情報量

情報量の最小単位をビット(bit)といいます。1byte(バイト)=8bit(ビット)です。

静止画像

特許の出願の 画像形式も指定されています。

HTMLでホームページを作るとき、画像を使うと表現力が高まります。 論文でも を使うのはそのためです。

色彩は 色度座標で表現されます。 ディスプレイによるカラー表現は3原色を以下に定めるかによります(無機工業化学)。 山形大学のスクールカラーときわ色(プロセスカラー3色を使用し,C(シアン)=100%,M(マゼンタ)=60%及びY(イエロー)=70%を割合とする色)です。

ラスター形式とベクター形式

画像は大きくラスター形式とベクター形式に分類されます。 ラスター形式は、座標の明るさや色彩を指定する方法で、htmlではjpg形式やpng形式が使われます。一時期gif形式も使われましたが、パテントの問題で今はあまり使われていません。 画像は一般に情報量が多くなりがちなので、情報を圧縮します。 jpg形式は不可逆圧縮で、写真などの自然画像に、pngは可逆圧縮でイラストなどによく使います。

ラスターファイルの例

山形大学のロゴマークはaiファイル(illustrator CS2)、JPEGファイル、PNGファイルなどで提供されています。 ロゴマークの使用には申請などが必要なことがあります。

山形大学
VIDM ロゴマーク取扱規程 商標登録 ロゴマークについて
8月のプレミアムフライデーのロゴ

音楽・音声

音楽表現ファイル, wave, midi, mp3形式などがある.

ワイヤレス画像通信とインターネットラジオ

ワイヤレスメルチメディアとしてMiracast, Widi, Chromecastがある.

動画配信などインターネットラジオ,Youtube

HTML5になって、video要素が追加されて、Youtubeなどのサービスを使わなくても,mp4形式のビデオファイルをウェブサーバのみで動作配信ができるようになった。

SNSとブログ

インターネットサービスとマルチメディア

ウェブサービスとWWW

ブラウザーとURL

HTML言語とHTTP

HTMLとハイパーリンク

HTMLの歴史

1990年に文書記述言語SGMLから派生したHTMLによって文章と一緒に画像を表できるようになる.

1994年にはW3Cが発足されWWWに関するコンソーシアムが発足する. 2008年には,スマートフォンに対応したHTML5が間隔された.

HTTPとHTTPS

数式表現 MathML

実際にHTMLをメモ帳で書いてみよう

下記の例を参考に書いてみよう↓

演習:受講成果のホームページへの公開

本学の教育用公開ウェブサービスを使用して,受講成果をホームページとしてまとめます.

課題へのエントリー

https://a.yamagata-u.ac.jp/amenity/Syllabus/LectureHistoryEntryQR.aspx

にアクセス

課題提出フォルダ

\\yzdn\dfs\share6\www\Public\52210\2018\(ユーザー名)です.

例)\\yzdn\dfs\share6\www\Public\52210\2018\tab12345

ファイルエクスプローラ(エクスプローラ)を起動して,\\yzdn\dfs\share6\www\Public\52210\2016\ にアクセスしてください.(参考

前半の授業での成果をまとめ公開してください.公開ウェブサイトの画像をGoogle+に投稿してください.

2016 History WebClass

自宅からFTPSを使ってアップロードする場合

相互リンク

全体の完成度を高めるために,ご近所さんとリンクを貼ろう

ご近所さんの作成したホームページにリンクを貼ってください.

学生の受講成果の公開ページ一覧

2019年 受講生


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/52210_05.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.