HOME 教育状況公表 令和2年10月23日
情報処理概論 戻る 進む 講義スライド

検索エンジンから特許電子出願まで~DNA配列は特許になるか?~

情報処理概論 WebClass files syllabus 52210 C1 情報機器の準備 ウェブ講義の接続

伊藤智博(ITO Tomohiro) 、神保雄次(JINBO Yuji)

「知識は力なり」と言ったのは哲学者ベーコンであった。 知識を情報を言い換えてもいい。 ヒトの記憶には限りがある。 だから、文字に書いて情報を書き残す。 ヒトはコンピュータを作り、ペンと紙よりはるかに大量に書き残せるようになった。 そしてネットが普及し、ビッグデータが身近にある。 今は、むしろ、そこから価値ある情報を検索する、発掘の技術が求められる。

「知識は力なり」と言ったのは哲学者ベーコンであったが、 知識は権利となった。そして政府の権力によって権利が保護されている。 権利には責任がつきまとう。 先駆者の知識を利用させる権利を認めるかわりに、利用者の権利を認めて発展を後押しする。 そこには国家が定めた法律がある。 国際的な条約がある。 情報に国境はない。 特許権や知的財産権と情報の関係を調べてみよう。

権利は誰のものか。 ネットから誰が使っているのか特定することを 「認証」と言う。 権利について議論することは、権利の行使者を特定することと表裏一体である。

電子ジャーナルと電子ブック

普及しない電子ブック。インクジェットプリンターを使ったオンデマンド印刷も普及。 書籍代や購読料として閲覧する側が支払うか?自費出版や投稿料として書く側が支払うか?

検索エンジン,文献検索,知的財産権の検索

検索エンジン:Google, Yahoo

図書検索:OPAC

司書さんに紹介してもらう

文献検索:Web of Science

化学物質関連検索: SciFinder

課題: 学校教育法を検索し,大学の目的について,ノートに記述してください.さらに,大学と社会の接点についてもノートに記述してください.

GDP比200%以上の国債残高,TPPは日本の産業へのメリットは?

債務残高の国際比較(対GDP比)
TPP

産業財産権と著作権

教科書:工業技術基礎,pp.16-24.
トヨタ燃料電池特許無償開放

著作権とTPP

著作権の保護期間、70年に延長へ TPP交渉でアメリカ基準に

情報処理概論 技術者倫理

WebClass
工業技術基礎, p.16の図1 知的財産権と産業財産権の図をノートに模写してください.署名をして,ウェブクラスに提出してください.

特許検索、電子出願,費用

産業財産権関係料金一覧(2016年4月1日以降)

特許情報プラットフォーム

工業所有権情報・研修館は、平成27年3月23日(月)より、新たな特許情報(実用新案、意匠、商標を含む)提供サービスとして、特許情報プラットフォーム(略称:J-PlatPat)を開始いたしました。
特許情報プラットフォーム

商標調査

商標制度の概要

PCT

PCT国際出願制度の概要

商標検索

スカイツリーの商標登録を検索

DNA配列は特許になるか?

半導体集積回路の回路配置権

著作権

研究のアイディアが全て指導教員に由来するものであり、そこで用いられている手段が全てその教員によって提供されたものであっても、 その研究の内容を記述した論文などを書いたのが学生ならば、著作者はその学生となります。 学生の書いた文章や図表等の無断使用は、その由来や扱い方にも依りますが、 著作権法 上違法となる可能性があります。 学術研究の指導の過程において、学生が作成した動画、音声及び写真を含む図表等を、 指導 教員が自身の著作物に転載して使用することについて、学生に許諾を得るための様式を作成しました。 学生が作成した文章や図を使用する際には、事前に学生さんの了解を得た上で、 その文章や図を使用する論文の共著者にしておくことが重要となります。

動画、音声及び写真を含む図表等の転載許諾書

論文検索-情報と出版-論文代行はあり?

課題

WebClass
  1. 特許を検索して,「DNAは特許になるか」を調べなさい.DNAが特許になっている特許が存在したら,その証拠部分を抜粋し,ウェブクラスに提出してください.
  2. 「論文代行はありか?」について検索・調査し,ご近所さんと相談し,その議論の過程を文章でウェブクラスに記述してください.
  3. 「スカイツリー」の商標が登録されている区分数を調べ,その登録費用を算出し,その算出結果とその根拠をウェブクラスに文章で記しなさい.

これら3つの課題をウェブクラスに提出してください.

化学・バイオ工学英語 輪講Ⅰ

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/52210/52210_03.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.