HOME 謨呵ご迥カ豕∝ャ陦ィ 譛ャ譌・

輪講

蜊呈・ュ遐皮ゥカ 54299 Files Google+ C1
緊急時の対応
シラバス案

【授業の目的】 研究室配属後、雑誌会、勉強会、研究経過報告会などを行なう。詳細は各研究室のガイダンスに従うこと。 調査、まとめ、発表および議論をとおして基礎知識の修得、プレゼンテーション能力の向上などをねらいとする。

【授業の到達目標】 (a)技術者、研究者として論理的に思考するとともに独自性のある新しい分野を生み出す能力の育成 (b)自らの考えを整理して記述し,的確に意思を伝達する能力の育成

【科目の位置付け】 3年後期までに開講される科目( 化学英語U 物質化学工学W)を発展させた総合的な能力を涵養する専門科目である。 卒業研究 の遂行と同時に開講される。 この科目は物質化学工学科の学習・教育目標「(D) 創造力およびコミュニケーション能力の育成」に主に対応する。

3-3301で授業します。


QR繧ウ繝シ繝
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54297.asp

SSL縺ョ莉慕オ縺ソ

縺薙ョ繝槭シ繧ッ縺ッ縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ァ 闡嶺ス懈ィゥ縺梧守、コ縺輔l縺ェ縺驛ィ蛻縺ォ縺、縺縺ヲ莉倥¢繧峨l縺溘b縺ョ縺ァ縺吶

螻ア蠖「螟ァ蟄ヲ 繝繝シ繧ソ繝吶シ繧ケ繧「繝。繝九ユ繧」遐皮ゥカ謇
縲992-8510 螻ア蠖「逵邀ウ豐「蟶蝓主漉4荳∫岼3-16 シ灘捷鬢ィシ育黄雉ェ蛹門ュヲ蟾・蟄ヲ遘第」滂シ 3-3301
蜃謨呎肢 莨願陸譎コ蜊
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.
立花和宏