HOME 教育状況公表 本日
⇒#842@講義;

  年間計画(学士)

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Physics/Calendar.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(年間計画(学士))の親単元は 実験方法(C1) です。

初版

年間計画

10月デモ実験やります

11月ポスター形式の中間発表リハーサル×ラウンド

前期

卯月4月(卯月)1)課題実験課題実験(4月)2)ローテーションよる研究技術の習得花見など花見(4月)3)

5月 グループ実験個人実験による研究開始バーベキューバーベキュー(5月~6月)4)実験方法習得実験方法(C1)5)進路選択進路指導・就職活動・インターンシップ6)

6月 学会講演申込秋の学会申し込み(6月~7月)7)輪講特許検索

夏季休暇8)

 自由研究による卒業論文テーマ模索学会要旨提出

 学会発表芋煮会芋煮会(9月~10月)9)

後期

10月10月(神無月)10)卒業論文テーマ決定研究室内発表会10/6

11月11月(霜月)11)目次提出

12 卒業研究中間発表会12)卒業論文次提出

冬季休暇12/261/13

卒業研究の背景の調査修士中間発表修士中間審査会13)卒業論文次提出

 卒業論文次提出卒業論文最終提出卒業研究発表

春季休暇

 離散会離散会(3月)14)卒業

卒業

●~3/31 研究室配属研究室配属(3月)15)歓迎実験16)

年間計画博士前期課程修士 年間計画(博士前期課程―修士2年)17)

授業テーマ 各自の研究テーマ卒業論文として完成させる

授業のねらい到達目標 これまでに学んだ社会福祉学基盤に論文執筆の方法用いて卒業論文完成させる

到達目標

提出期限内に規定された形式で卒業論文完成させる

口述試験で卒業論文での研究について説明ができる

授業の方法 各自卒業論文の執筆段階ごとの発表質疑応答通して先行文献収集した資料調査研究分析論点の整理考察過程深化させる

事前学修事後学修授業計画コメント 各自の論文内容報告するためにレジュメ草稿資料として事前に提出するこれにもとづいて発表質疑応答行う発表時にでたコメント等については必ず原稿に反映させて執筆完成させること

論文提出期限30日前卒業論文仮提出とする

授業計画

1 卒業論文指導卒業論文提出までの計画

2 卒業論文指導研究計画論文執筆進捗状況

3 卒業論文指導研究計画論文執筆進捗状況

4 卒業論文指導研究計画論文執筆進捗状況

5 卒業論文指導調査研究状況報告

6 卒業論文指導調査研究状況報告

7 卒業論文指導調査研究状況報告

8 卒業論文指導論文構成再検討

9 卒業論文指導論文構成再検討

10 卒業論文指導10論文構成再検討

11 卒業論文指導論文執筆の指導

12 卒業論文指導論文執筆の指導

13 卒業論文 前期報告

14 卒業論文 前期報告

15 卒業論文 前期報告

授業の概要と目的学ぶか / Outline and objectives】

教官の指導のもとにテーマ決め研究遂行し研究計画データ取得論議の進め方など修得する学期末には研究発表会行い研究内容まとめ上げ発表するスキル身につける研究テーマ植物医科学関わるものとし主に栄養繁殖性植物果樹球根類などウイルス病に関する診断予防疫学調査その他のテーマなどの指導教官が提示した課題中心に選択するなお樹木医補資格取得のための単位として本科目履修する学生は樹木医学に関するテーマ選択する必要がある履修手引き

到達目標 / Goal

自主的な研究の進め方と研究成果の取りまとめ方とプレゼン技法の習得など通じて社会人として必要な仕事対する取り組みの心構えや基礎技術学ぶ

授業の進め方と方法 / Method(s)

卒業論文に関する研究は年間通じて教官との濃密な対話指導行うまた研究室配属後は3年生であっても自らの研究テーマ固まりつつある者は同様の研究テーマ選択している4年生とともに研究行うことができる

授業計画 / Schedule

/ No. テーマ / Theme 内容 / Contents

1 テーマの説明 研究室の研究テーマ卒業論文課題候補提示する

2 研究の進め方 選択したテーマ沿って研究方法等検討し研究目的研究方法各自プレゼンテーションする論議指導など含む

3週~第14 卒業研究(1) 研究計画作成し研究進める関係論文専門書輪読論議教員の指導など含む

15 中間検討(1) 研究室内で卒業研究の進捗状況今後の課題などプレゼンテーション論議する研究室配属の3年次学生含む

16週~第22 卒業研究(2) 卒業論文とりまとめ念頭にした計画作成し研究進める関係論文専門書輪読論議教員の指導など含む

23 中間検討(2) 卒業論文のとりまとめにむけて研究室内で卒業研究の進捗状況プレゼンテーションする

24週~第28 卒業論文のとりまとめ 卒業論文作成指導プレゼンテーション指導報告要旨集作成など

2930 報告 研究成果の発表専修内全研究室の

授業時間外の学習準備学習復習宿題等 / Work to be done outside of class (preparation, etc.)

3年生の研究室配属後より自主的に継続的かつ積極的に遂行する

英語学術論文の解読能力の向上に努める

テキスト教科書 / Textbooks

植物医科学実験マニュアル大誠社

また研究に必要な文献実験マニュアル等の資料は教員の指導得ながらも自主的に収集整理して活用する

考書 / References

考図書専門書は教員の指導受けつつ自主的に学習する

成績評価の方法と基準 / Grading criteria

提出された卒業論文の研究経過と内容論文作成能力卒論報告会での発表能力学会報告出席回数などにより総合的に評価する

学生の意見等からの気づき / Changes following student comments

就職活動との卒業研究の両立目指すため心構えが重要である

学生が準備すべき機器他 / Equipment student needs to prepare

インターネ利用して学術論文の検索遺伝子情報の検索などの習熟に努める

その他の重要事項 / Others

毎週行う輪読と研究の進捗状況報告通じて研究の推進力英語力の強化プレゼン能力涵養図る


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 年間計画(学士) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=842'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=842 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-21">2019-10-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=842

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.