HOME 教育状況公表 本日
⇒#159@講義URL;

研究倫理

コメント

卒業研究にかかわる知的財産と研究倫理1)

疑似科学と風評被害を避けるために−研究倫理が問われるとき−2)


卒業研究にかかわる知的財産と研究倫理
疑似科学と風評被害を避けるために−研究倫理が問われるとき−

引用箇所

の相次ぐ研究不正行為や不誠実な研究活動は科学と社会の信頼関係揺るがし科学技術健全な発展阻害するといった憂慮すべき事態生み出しています研究不正の防止のために科学コミュニティ自律的な自浄作用が機能することが求められています研究人ひとりは自ら厳しく律し崇高な倫理観のもとに新たな知の創造や社会に有用な発明に取り組み社会期待こたえていく必要があります

出典:研究倫理

引用元

Japan Science and Technology Agency. 研究倫理. http://www.jst.go.jp/researchintegrity/. , (参照 2018-1-3T17:4:55+09:00) .


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Reference/Url/@SyllabusUrlReview.asp?nSyllabusURLID=159

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.