⇒#788

時間

現在過去未来セシウム1)で定義したs単位ではかる物理量です

目次

単位とはなにか1)
長さ2)
質量
時間
面積体積容積
速度加速度と力
温度エネルギー
電気磁気物質量濃度3)
放射能
角度とその他の単位

(1 > 単位の誕生◆分離量と
星田直彦, 単位171の新知識, 講談社ブルーバックス, (2005).
(2長さ(length [メートル].
(3 > 電気・磁気と物質量・濃度
星田直彦, 単位171の新知識, 講談社ブルーバックス, (2005).

出典:
単位171の新知識(目次)
(星田直彦. 単位171の新知識. 講談社ブルーバックス, . ) 2)
速さ v 〔m/s加速度 a 〔m/s2はじめ多くの物理量と関係します
ファインマン物理学力学目次

踊るアトム
物理学原理
物理学他の学問の関係1)
エネルギー保存
時間距離
確率
有引力の理論
運動
ニュートン力学法則
運動量保存
ベクトル
力の性質
仕事位置エネルギー
仕事位置エネルギー結び
特殊相対性理論
相対論エネルギー運動量
時空世界
平面内の回転
質量中心慣性モーメント
次元空間おける回転
調和振動子
代数
共鳴
過渡現象
線形系のまとめ


原著は冊ですが訳書は冊からなります

ファインマン物理学力学2)
ファインマン物理学  波動3)
ファインマン物理学電磁気学4)
ファインマン物理学電磁波物性5)
ファインマン物理学量子力学6)


(1物理学と他の学問の関係
ファインマン 著, ファインマン物理学1, 岩波, (1986).
(2ファインマン物理学1―力学
ファインマン、レイトン、サンズ/坪井忠二, 岩波書店, (1971).
(3ファインマン物理学2―光 熱 波動
ファインマン、レイトン、サンズ/富山小太郎, 岩波書店, (1971).
(4ファインマン物理学3―電磁気学
ファインマン、レイトン、サンズ/宮島龍興, 岩波書店, (1971).
(5ファインマン物理学4―電磁波と物性
ファインマン、レイトン、サンズ/戸田盛一, 岩波書店, (1971).
(6ファインマン物理学5―量子力学
ファインマン、レイトン、サンズ/砂川重信, 岩波書店, (1971).

出典:
ファインマン物理学1―力学(目次)
(ファインマン、レイトン、サンズ/坪井忠二. ファインマン物理学1―力学. 岩波書店, . ) 3)
空間と対になって観測者速さで伸び縮みします究極的には結局のところ時間は空間と同じような次元のひとつだというのが関の山です18世紀ごろから正確な時計使った科学実験ができるようになりますジョン・ハリソン(1693―1776)4)ベートーベンルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(ドイツ)1770―18275)は神経質でメトロノームにこだわったそうです

時間が流れるという幻想は働きによるらしいのです人間には時間はかる生体時計が組み込まれているといわれています日常生活では時計使って時間測定時刻知りますめぐる季節表現するカレンダー6)も時の移ろい表現したものです

新訂地学図解目次

地球の構造と働き

地震

火成岩と火山

プレートの運動

古生物

大気の動き
大気圏の構造と上層気象の観測
地球の熱平衡
大気の循環
季節と雲域分布
雲と雨滴の成因
大気の上昇低気圧ヒートアイランド地形前線
梅雨と集中豪雨
台風の発生と成長
温帯低気圧の発生と構造
海水と海流
海の波

新訂地学図解目次1)

(1 > 新訂地学図解(目次)
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).

出典:
大気の動き
(小島丈兒. 新訂地学図解. 第一学習社, . ) 5)

太陽とその活動地球なかまたち衛星すい星と流星いん石惑星運動ケプラー法則

天球の回転と星の位置のあらわし方

時間時刻

地球の自転とその証拠

地球の公転とその証拠

恒星と銀河



出典:
新訂地学図解(目次)
(小島丈兒. 新訂地学図解. 第一学習社, . ) 7)
時刻と調和しながら決める必要があり実際に使われているのは世界協定時といわれます

さて真空定の速さで伝わってゆきますそして地球ができてから46の時間が経過しました世界は時間と空間物質からなります最新の宇宙論では宇宙のはじまりにおいて虚数の時間使ってトンネル効果確率計算します


科学ゼミ