⇒#3029

時刻

いま何基準たとえば正午からの時間刻と刻の時間 t 〔sになります

新訂地学図解目次
地球の構造と働き
地震
火成岩と火山1)
地表の変化2)
地殻の変動3)
プレートの運動
古生物
資源環境4)
大気の動き5)
太陽6)
太陽とその活動地球なかまたち衛星すい星と流星いん石惑星運動ケプラー法則
地球の運動7)
天球の回転と星の位置のあらわし方
時間時刻
地球の自転とその証拠
地球の公転とその証拠
恒星と銀河

(1 > 火成岩と火山火成
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(2 > 地表の変化
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(3 > 地殻の変動
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(4 > 資源・環境
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(5 > 大気の動き
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(6 > 太陽系
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(7 > 地球の運動
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).

出典:
新訂地学図解(目次)
(小島丈兒. 新訂地学図解. 第一学習社, . ) 1)
諏訪湖 時の科学館 儀象堂2)

世界地球の自転による天文グリニ標準原子セシウム3)原子からでる光の振動で定めた時間もとづく系ですs本の標準は総務省によって決められています総務省(電波利用)4)情報通信研究機構5)

太陽24時間太陽恒星002738太陽

生活に使っているのは協定世界といわれるもので原子にうるう秒入れて世界とのずれが秒以内になるように調整した系ですうるう秒はその都度会議などで決めらのでGPSなどではこのうるう秒が問題となっています

http://www.nao.a…

関連書籍