⇒#125

太陽

お日様から昇って西に沈みます決めて暦の基本となっています1)天球動く太陽の道黄道いい黄径2)節気など季節決めるのに使われます

太陽系の中心にあって地球生命もたらした天体3)核融合反応によってエネルギー4)放射する恒星可視光線で丸く見えるのは光球とよばれます光球面には黒点や白斑が観察されます5)6)

地球の自転と太陽の位置関係が生じ時刻の基本となりました7)

太陽の総輻射量は3.85×1026Wであり太陽定数8)1.37kW/

物理量照度9)

学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

学術・研 > 天文台・ > 田村市星の村天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).

高等学校 > 地学(高 > 地球と環 > 上空&気 > 太陽系と惑星,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, (1999).
(2黄径(ecliptic longitude [°()].
(3学術・研 > 天文台・ > 国立天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(4エネルギー(energy [J(ジュール)].
(5 > 新訂地学図解(目次)
小島丈兒, 新訂地学図解, 第一学習社, (1986).
(6学術・研 > 天文台・ > 田村市星の村天文台,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2005).
(7高等学校 > 地学(高 > 地球と環 > 上空&気 > 太陽系と惑星,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(8太陽定数( = 1370 [W/m2(ワット毎平方メートル)].
(9照度( [lx(ルクス)].