HOME 教育状況公表 本日
⇒#1577@講義;

  国立天文台

http://www.nao.ac.jp/

この 講義 お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ の単元です。 この講義(国立天文台)の親単元は 天文台・星空観察 です。

初版
東京鷹にある天文台カールツァイス65センチ望遠鏡はじめ歴史ある設備が今も閑静な敷地にひっそりとたたずんでいます

最近の宇宙の観測は望遠鏡すばるで行うことが多いそうです世界旅したモザイクCCDホンモノここ展示されています1)のこと聞いたらポジションあれは生活に密着した実学だけどねあんまり力はいってないなあとのこと2)そうか作るのは地球の位置測るのと同じなんだと妙に感心してしまいました

江戸幕府の天文方として浅草にあったものが東京大学3)観測所となりました関東大震災で立て直すのきっかけに鷹にうつり国立天文台なりました今は独立行政法人となっています

また太陽観察によって黒点の活動理解できるがデリンジャー現象予知が地震の予知と同じくらい困難であることなど説明していただきました

天文台OBの塩見さんいろいろお話ありがとうございました

自然科学研究機構4)

20075)

講演大容量キャパシタ東京6)
銀河と星座7)

関連講義
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,宇宙物質法則8)
技術者倫理,未来へ向けて~ヒトいう種の存続のために~20119)

関連書籍
すばる望遠鏡宇宙からの挑戦10)
天地明察11)
四千万歩の男12)


ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 地球館―新館,国立科学博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 自然科学研究機構,大学共同利用機関法人
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

2007年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

高等学校 > 地学(高 > 地球と環 > 上空&気 > 銀河と星座,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 地球館― > 宇宙・物質・法則,地球館―新館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).

技術者倫 > 未来へ向けて~ヒトという種の存続のために~(2011),技術者倫理(2011)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2011).

(1ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 地球館―新館,国立科学博物館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(2 > 暦の雑学事典(目次)
吉岡安之, 暦の雑学事典, 日本実業出版社, (1999).
(3東京大学学校
.
http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html
(4高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 自然科学研究機構,大学共同利用機関法人
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(52007年8月
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(6【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(7高等学校 > 地学(高 > 地球と環 > 上空&気 > 銀河と星座,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(8ミュージ > 科学館( > 国立科学 > 地球館― > 宇宙・物質・法則,地球館―新館
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2010).
(9技術者倫 > 未来へ向けて~ヒトという種の存続のために~(2011),技術者倫理(2011)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2011).
(10 > すばる望遠鏡の宇宙―ハワイからの挑戦
海部宣男、宮下曉彦, すばる望遠鏡の宇宙―ハワイからの挑戦, 岩波新書, (2007).
(11天地明察
冲方丁, 角川書店, (2012).
(12四千万歩の男
井上ひさし, 講談社, (1993).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Murayama City.. <q><cite> 国立天文台 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11105'> お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪ <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1577'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1577 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1577

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.