HOME 教育状況公表 本日
⇒#786@研究ノート;

【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水

日時
関係者(共同研究者)


【講演】大容量キャパシタ@東京@御茶ノ水

東京技術情報協会

講義 10:00-12:00 リチウムイオン次電池
12:00-12:50 昼食
講義 12:50-14:50 ケル水素次電池高村先生
14:50-15:00 休憩
講義 15:00-17:00 鉛蓄電池
1日目終了
講義 10:00-12:00 大容量キャパシター
12:00-12:50 昼食
講義 12:50-14:50 燃料電池
14:50-15:00 休憩
講義 15:00-17:00 クルマ今後の電池

シラバス大容量キャパシタ1)

大容量キャパシタ
スーパーキャパシタ登録商標なのでダメ

●電池とキャパシタ
電池キャパシタ構造
電池キャパシタ類似点と相違点
キャパシタ種類用途
ハイブリドキャパシタアシンメトリクキャパシタ
シュードキャパシタ

キャパシタ要求される機能
耐電圧エネルギー
静電容量エネルギー
等価直列抵抗漏れ電流
キャパシタインピーダンス
サイクル特性信頼性

●大容量キャパシタ構成部材と要求される機能
キャパシタ容量炭素材料電極面積
キャパシタ耐電圧電解液電位窓
キャパシタ内部抵抗集電体接触抵抗
バインダサイクル特性

●大容量キャパシタ電気化学的評価
サイクリクボルタモグラム使った解析
クロノポテンショメトリー使った耐電圧と等価直列抵抗
クロノアンペロメトリー使った漏れ電流評価
交流インピーダンス法による周波数領域の解析

1970水素吸蔵合金発見
1980電池用合金の発見
1990年()ケル水素電池実用化
1992年()リチウムイオン次電池の実用化

20078月2)
大学有する技術情報の活用による社会貢献のための基金3)
国立天文台4)

小田急バス 91狛江駅北口狛江営業所行き
武蔵境南口番乗り場より乗車
『天文台前』下車所要時間約15
東京大学総合研究博物館5)

東京商工学校石碑関東大震災地震太田姫稲荷神社
宿泊は反田の東興ホテル



2007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).

国立天文台,学術・研究施設
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

東京大学総合研究博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

(1大容量キャパシタ,,etc,,
立花 和宏, シラバス, (2007).
(22007年8月
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(3大学が有する技術情報の活用による社会貢献のための基金プロジェクト.
(4国立天文台,学術・研究施設
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(5東京大学総合研究博物館,科学館(自然科学系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=786

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.