HOME 教育状況公表 令和2年11月28日

03.4月のまとめ-書き言葉としての報告書-

卒業研究 WebClass Syllabus 54299 Files 研究テーマ 通年・金曜日 C1 3-3301へ入室

山形大学  工学部  化学・バイオ工学科  仁科辰夫・伊藤(智)研究室

報告書

報告書は書いたものです。 読む、聞く、話す、書くのうち書く訓練です。

一般的な報告書は、題目(タイトル)、氏名、要旨(アブストラクト)、緒言、実験方法、 結果と考察、結論、参考文献の 章立てで書きます。

緒言と結論は現在形、実験方法と結果は過去形で書きます。 緒言はすでに知られている普遍的な内容実、結論は今後も変わることのない普遍的な真理なので、普遍的事実を書く現在形を使います。 実験方法と結果はすでに過去になった客観的事実なので、過去形を使います。

時間が足らないときは優先順位をつけましょう。氏名、題目(タイトル)、結論、結果の順で書きます。結果は の順で書きます。

月例報告書

月末の報告会は、月例報告書の提出に充てます。 月例報告書はpdf形式にして webclassにアップロードしてください。

参考文献( 書籍雑誌URL )

山形大学 准教授

伊藤智博

山形大学 大学院 理工学研究科
C1ラボラトリー 仁科・伊藤(智)研究室
992-8510 山形県 米沢市
城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
Tel: 0238-26-3753
URL: http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54299_03.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.