HOME 教育状況公表 本日

機能界面設計工学特論

卒業研究 公式シラバスTOP
  1. 高電場機構とアルミニウムのアノード酸化
  2. 不定比化合物半導体とノンストイキオメトリー
  3. 降伏減少と電子雪崩
  4. 電池活物質材料と電解液界面
  5. 集電体と電極合材との接触抵抗
  6. 導電助材と二次元電気伝導
  7. 導電性高分子と一次元電気伝導
  8. ショットキー障壁と電位プロファイル
  9. 電池反応場としての三相界面とコンタクトライン長さ
  10. 有機溶媒とオートプロトリシス
  11. 高電場による高分子の配向分極
  12. 電極界面形状と電場集中
  13. アルミ電解コンデンサ
  14. リチウムイオン二次電池
  15. エネルギーデバイスと機能界面

ヤマグァタ

20191117

水系合材スラリーを使ったリチウムイオン電池の理解 https://www.gijutu.co.jp/doc/s_911413.htm 山形大学 学術研究院 准教授 博士(工学) 伊藤 智博 氏 (講師が変更となっております。内容に変更はございません。)

20191118

金属の腐食メカニズム、不働態化とその事例 https://www.gijutu.co.jp/doc/s_911208.htm 山形大学 学術研究院 准教授 博士(工学) 伊藤 智博 氏 (講師が変更となっております。内容に変更はございません。)

20190826 電極スラリーの分散

20190805 明日からできる!インピーダンス測定・解析   ~予備知識なくても理解できる交流インピーダンス測定・解析法~

20190625 リチウムイオン二次電池の構造と材料設計の考え方

本講義では電気化学の基礎知識とリチウムイオン二次電池の構造、リチウムイオン二次電池電極作成のスラリーの調製・分散・乾燥と電池性能の関係などの電気化学的測定法について平素に解説する。 ■この講座を受講して習得できること: ・材料、構造、性能がそれぞれどのようにつながっているかの理解。 ・基礎知識と応用のつながり

20180919 電気化学測定の基礎、装置の概要と測定のポイント

多くの人材がリチウム電池関連技術に携わっている。 しかしながら必ずしも電気化学を基礎から学んだ経験のないエンジニアも少なくないように見受けられる。 本講座は電池関連技術に携わっているが、電気化学の基礎について改めて学びなおしてみたいという方々のために電池の原理や電気化学の基礎について概説する。

ヤマグァタ

20180621 電気化学測定の基礎、装置の概要と測定のポイント

20180608 正極集電体/水系バインダーの接触とリチウムイオン二次電池の信頼性

\c1\Extra_Syllabus\2017_H29

20170828 明日からできる!インピーダンス測定・解析   ~予備知識なくても理解できる交流インピーダンス測定・解析法~

電気化学特論 コールコールプロット

20170731スラリー原稿

20170712 リチウム電池接合・封止技術

外部回路に電流を取り出すため、電池には集電金属部材が必要である。リチウム二次電池には有機電解液が使われる。しかしながら、有機電解液に対する金属部材の耐電解液性と金属部材の腐食挙動についてはあまり知られていない。本セミナーでは金属部材の腐食や不動態化についての基礎的事項を解説し、リチウム二次電池のタブリードへのアプローチについて議論する。

20170621 電極構造の基礎と電極スラリーの設計法

本講義では電気化学の基礎知識とリチウムイオン二次電池の構造、リチウムイオン二次電池電極作成のスラリーの調製・分散・乾燥と電池性能の関係などの電気化学的測定法について平素に解説する。 ■この講座を受講して習得できること: ・材料、構造、性能がそれぞれどのようにつながっているかの理解。 ・基礎知識と応用のつながり。

20170614音の大小と高低-音楽と理科のコラボ-

山形県教育センター 笹原デンキ

クロス・カリキュラム。音楽ができれば物理は怖くない。

20170428 インピーダンス

20170421? インピーダンス 電気力線 抵抗率 静電誘導 など高校物理の復習をおすすめします。

20170323 リチウム二次電池用正極材料の水系化技術

日 時 : 平成29年3月23日(木) 10:00~17:00 会 場 : [東京・五反田] 技術情報協会 セミナールーム

20170323 リチウム二次電池用正極材料の水系化技術

20170306 導電性高分子

アルミニウムをアノード酸化したときの化成電位とくみ上げられた電解コンデンサの耐電圧はほぼ同じである。 というのは、アルミニウムの酸化皮膜の内部電場強度は、酸化皮膜と電解液の界面に支配され、 水溶液系でアノード酸化された皮膜を水分を含む駆動用電解液で使うからある。

導電性高分子材料をカソード材料に使った場合、事情は少々異なってくる。 水溶液系でアノード酸化された皮膜に接触しているのは、水分をほとんど含まない導電性高分子であるからだ。

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果

20170210 集電体 の密着性

20170125 ホームセンターで手に入るテスターを使った電池とイオンの実験

エコ研究

20170127 バッテリーマネージメントのための インピーダンス測定

実用電池のほとんどは電極内部に複雑な構造を持ち、多種の材料からなる。 たとえば活物質、導電助剤、バインダー、電解液、集電体としただけで その界面の組み合わせは5C2=20通りに達するのである。 このような電極に単純な等価回路を当てはめて議論するのは無理があり、 かといって等価回路を複雑にしたところで意味がない。

20161125 電極スラリーの調整と塗布・乾燥条件は、なぜリチウム電池の性能を左右するのか?


日時 2016年11月25日(金)~11月26日(土)
16:30-17:45
研修場所 群馬県高崎市 高崎ワシントンホテルプラザ内

電極スラリーの調整と塗布・乾燥条件は、なぜリチウム電池の性能を左右するのか? 塗布技術研究会

電池は材料をスラリーに調整し、集電箔に塗布・乾燥して電極とし、これを組み立て る。 このスラリーと一般の塗料と違う点は、組立後の電池の中で、 化学反応が起きたり、電気が流れたりするところにある。 その最終イメージなしには、途中のプロセスの最適化は為しえない。 本講演では、電気化学の基礎をおさらいしながら、 リチウム電池がどのように動作しているのかを解説し、 スラリーを調整・塗布・乾燥条件が、 電池動作のどこに影響を及ぼす可能性があるのかについて議論する。

20161124 集電体 とタブリード

リチウム二次電池におけるタブリードの耐電解液性と金属部材の腐食挙動・その影響

外部回路に電流を取り出すため、電池には集電金属部材が必要である。リチウム二次電池には有機電解液が使われる。しかしながら、有機電解液に対する金属部材の耐電解液性と金属部材の腐食挙動についてはあまり知られていない。本セミナーでは金属部材の腐食や不動態化についての基礎的事項を解説し、リチウム二次電池のタブリードへのアプローチについて議論する。

リチウムイオン二次電池における 電極構造の基礎と電極スラリーの設計法 ~電極構造と電池性能の関係から  二次電池のパワーマネジメントまで~

シラバス
 1-1 電池の歴史と電池材料
 1-2 リチウムイオン二次電池の構造
 1-3 電気化学の三要素-アノード、カソード、電解質-
 1-4 電気伝導-電気の流れ方と導電率
 1-5 電池の起電力-電極界面と電極電位-
 1-6 電極反応と過電圧-電気分解反応と理論分解電圧-
 1-7 電池の放電容量と不可逆容量-電池容量とエネルギー密度-
 1-8 電池の内部抵抗と電圧降下-レート特性-
 1-9 電池の充電と放電-サイクル特性と安全性・信頼性-
 1-10 電池の耐過充電性-副反応と充電効率-

リチウム電池を設計するには塗布、乾燥などの条件も最適化する必要があります リチウム電池と化学工学)。

リチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについて
立花和宏、東北大学博士論文、(2003).

シラバス検索

コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析

静電誘導 (本田アンドレイstl
静電分極 (本田アンドレイstl
金属のポテンシャル (本田アンドレイ 3mf stl
拡面処理した集電体と炭素の接触状態について
表面処理を施したアルミニウム集電体と電極合材との接触抵抗の発現要因 加藤 直貴, 小野寺 伸也, 伊藤 知之, 伊藤 智博, 立花 和宏, 仁科 辰夫, 科学・技術研究 , 3, 157-164, (2015).

2019/09/05 【学会】電気化学会@山梨県甲府市

2019/08/05 【講演】明日からインピ電池材料@東京

インピーダンス Z 〔Ω

2019/06/25 【講演】リチウム電池材料@東京

リチウムイオン二次電池の構造と材料設計の考え方1)

機能界面設計工学特論2)

https://edu.yz.y…


2019/06/18 【原稿】インピーダンス

インピーダンス Z 〔Ω

2019/05/13 15:12:54 導電性高分子を用いた固体電解コンデンサ

2019/05/10 12:21:13 原子吸光法によるマンガンの分析

2019/05/09 19:40:06 銀塩化銀電極の作成

2019/05/09 19:33:49 無電解めっき

2019/05/09 12:58:49 銀塩化銀電極の作成

https://edu.yz.y…

2019/05/01 2019年5月

2019/04/25 11:28:44 粘土の偏光

2019/04/23 12:09:17 銀塩化銀電極

2019/04/18 【講演】セミナー@東京

リチウムイオン二次電池用正極スラリーの調整と塗布・乾燥、電極動作の理解1)


2019/04/11 ケディカ・仙台市天文台

2019/04/01 2019年4月

2019/03/22 【打合】@神奈川県平塚市

山は桜が咲いていました

すき焼き弁当がなくなっていた

菓子職人の話

ジアイーノ

2019/03/21 卒業式

2019/02/28 【打合】粘土

2019/01/31 シラバス入力

2019/01/13 共同作業・地域活性化 COC+

共同作業地域活性化

2018/11/29 【見学】田辺製薬資料館@大阪府大阪市

田辺三菱製薬資料館@大阪府1)


2018/11/26 【学会】第59回電池討論会@大阪府大阪市

高速マンガン酸リチウムとバインダー(仮)1)


2018/11/11 【見学】地下鉄博物館@東京都

2018/11/09 【学会】軽金属学会第135回秋期大会@東京

135回秋期大会

  般社団法人軽金属学会

  公益財団法人軽金属奨学会

  日本アルミニウム協会日本マグネシウム協会日本チタン協会日本塑性加工学会日本鋳造工学軽金属溶接協会日本金属学会日本鉄鋼協会日本材料学会日本機械学会日本ダイカスト協会軽金属製品協会自動車技術日本顕微鏡学会溶接学会粉体粉末冶金協会資源素材学会表面技術協会日本バイオマテリアル学会

開催日 平成3011911

 

芝浦工業大学豊洲キャンパス

135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5

懇親会会場

芝浦工業大学豊洲キャンパス交流3F食堂

  東京メトロ有楽町線豊洲駅1Cおよび3番出口 徒歩7

JR京葉線越中島駅2番出口 徒歩15

2018/11/06 実験:活物質

電池の放電実験1)

コメリ

まないたスタンド

めだまクリ

セロテープ

かな電極

ステンレス

金属缶(180ml) 片側に目盛り

金属缶(180ml) 片側に目盛り

金属缶(180ml) 片側に目盛り

金属缶(180ml) 両側に目盛り

アルミニウム箔(トーヤルチタン)2)

アルミニウム箔(トーヤルカーボ)3)


2018/10/29 【講演】LIBの基礎

2018/09/28 酢・味噌@愛知県岡崎市

2018/09/26 【見学】兼六園・時雨亭@石川県金沢市

【工場見学】キリンビール株式会社-金沢工場@石川県金沢市

表面技術@石川県金沢市

時雨亭

http://www.pref.…

石川県1)

兼六園・時雨亭@石川県金沢市2)


2018/09/25 【学会】電気化学@石川県金沢市

石川県1)


2018/09/15 【学会】日本化学会@秋田県秋田市

2018/09/13 【学会】表面技術@北海道

13日座長

導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの漏れ電流に影響を及ぼす要因について1)

電池活物質の種類が集電体アルミニウム表面の接触抵抗に及ぼす影響2)

導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの漏れ電流に影響を及ぼす要因について
電池活物質の種類が集電体アルミニウム表面の接触抵抗に及ぼす影響

2018/09/13 920式セルCADデータダウンロードページ

 3Dプリンタを使ったセル
©Copyright 2018  all rights reserved.

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/functional_interface/functional_interface.asp

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.