HOME 謨呵ご迥カ豕∝ャ陦ィ 譛ャ譌・
機能界面設計工学特論

リチウム二次電池におけるタブリードの耐電解液性と金属部材の腐食挙動・その影響

日時 2016年11月24日(木)
16:20-17:50(90分)
リチウム二次電池におけるタブリードの耐電解液性と金属部材の腐食挙動・その影響
AndTech
会場
タブリードレスLIBの構造
住友電工

アルミラミネートフィルムを外装に用いたリチウムイオン電池及び電気二重層キャパシタの内部から電気を取り出すためのリード線です。優れた耐電解液性に加え、熱変形を抑制した絶縁層を有することで、高い封止信頼性を実現した製品を提供しています。


藤森工業
ハイメタルジャパン
ネッツ
JFE
DNP
岩谷

スポット溶接しにくい銅は負極リードからは敬遠されがち。かわってニッケルが使われる。 正極リードはアルミ。

金属材料 の安定性

 1-1 腐食の平衡論

ガルバーニ系列を入れようぜ!

耐食性  1-2 不動態化
 1-3 腐食の速度論 

腐食とは、金属がそれを取り囲む環境によって、化学的あるいは電気化学的に侵食されることをいう。

腐食反応とその制御 現代の電気化学

活性態と不動態

 2-1 孔食および隙間腐食
 2-2 粒界腐食
 2-3 磨耗腐食
 2-4 応力腐食割れ 

リチウム二次電池に使われる有機電解液と金属部材

 3-1  リチウム電池の構造と動作
 3-2 リチウム電池に使われる有機電解液
 3-3 有機電解質中での不動態化
リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).

 3-4 充放電にともなう金属部材近傍で起こり得る現象 

まとめ

 

QR繧ウ繝シ繝
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Extra_Syllabus/functional_interface/20161124.asp

SSL縺ョ莉慕オ縺ソ

縺薙ョ繝槭シ繧ッ縺ッ縺薙ョ繝壹シ繧ク縺ァ 闡嶺ス懈ィゥ縺梧守、コ縺輔l縺ェ縺驛ィ蛻縺ォ縺、縺縺ヲ莉倥¢繧峨l縺溘b縺ョ縺ァ縺吶

螻ア蠖「螟ァ蟄ヲ 繝繝シ繧ソ繝吶シ繧ケ繧「繝。繝九ユ繧」遐皮ゥカ謇
縲992-8510 螻ア蠖「逵邀ウ豐「蟶蝓主漉4荳∫岼3-16 シ灘捷鬢ィシ育黄雉ェ蛹門ュヲ蟾・蟄ヲ遘第」滂シ 3-3301
蜃謨呎肢 莨願陸譎コ蜊
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.