🏠
🌡️ 📆 令和4年11月30日
⇒#270@レビュー;

. . ,.
腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)

参照元

講義ノート:



書評・注釈・コメント

【物理量】反応速度 r ã€”mol/m3・s〕

センサー、pH電極、参照電極-1)

リチウム二次電池におけるタブリードの耐電解液性と金属部材の腐食挙動・その影響2)



引用・概要・要約・抄訳

目次

腐食の定義とその重要性

腐食の電気化学的機構

現代の電気化学―目次

序論
電気化学の基礎事項序論1)
電池とエネルギー2)
腐食と防食3)腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)4)
工業電解プロセス5)
表面処理と機能化6)
エレクトロニクスと電気化学7)
バイオエレクトロケミストリー8)
光電気化学9)
情報変換と電気化学10)

無機工業化学,電気化学工業@無機工業化学11)

電気化学工業@無機工業化学


出典:
現代の電気化学(目次)
(山下正通、小沢昭弥. ç¾ä»£ã®é›»æ°—化学. ä¸¸å–„, . ï¼‰ 1)

腐食傾向と電極電位

分極と腐食速度

不働態

鉄と鋼

応力の影響

大気腐食

土壌腐食

高温酸化

迷走電流による腐食

陰極防食法

金属被覆

無機被覆

有機被覆

インヒビターと不働態化剤

水および蒸気系統の腐食

ステンレス鋼

銅と銅合金

アルミニウムとマグネシウム

鉛

ニッケルとニッケル合金

チタン、ジルコニウム、タンタル

ケイ素-鉄合金とケイ素-ニッケル合金



出典・引用元

【レビュー】腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)⇒#270@レビュー;
. , 1. .
type=7,id=0

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次) 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=270"> 腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次) </a>
<br/> .
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=0"> </a> </cite>.
, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=270"> 参照 2006-4-7 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次) 書評 書評 書評 -->
</ul>


<%nExtID=270:szRefType="book":szRefHeadLine=",,,腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)(1899-12-30)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=270


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.