⇒#452

腐食

アルミニウムなどのびてボロボロになること金属の表面が溶解して侵される化学反応金属酸化されると同時に還元反応が起こりますアルカリ性または中性水溶液中での酸素還元される酸素消費型腐食と酸性水溶液中での水素イオン還元される水素発生型腐食がありますびないように工夫すること防食いいますおもに固/液界面での化学腐食さしますが固/気界面固/固界面の現象含むこともありますまた物理腐食エロージョン含めることもあります

基礎電気化学プロセス
平衡系の電気化学
金属イオンの還元反応
金属の溶解腐食反応
有機化合物の酸化還元
電池電気化学エネルギー変換
電解質溶液電気化学1)
電子伝導体とイオン伝導
電解質溶液の導電率
電解質溶液の導電率測定法
界面電気化学
電気泳動
電気二重層ゼータ電位

ゼータ電位2) 電気二重層 電気泳動

電気化学測定法目次3)
(1基礎的電 > 電解質溶液の電気化学
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(2ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(3 > 電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

出典:
基礎的電気化学プロセス
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 1)

電気化学的に進行する場合は種の電池言えますそのような電池局部電池と呼ばれます鉄の腐食と不働態化3)通常アノード反応ですがアルミニウムのような両性金属カソード反応によって腐食する場合もあります

腐食には様に金属溶解する均食部分に孔があく局部腐食孔食があります

また貴金属接触して起きる電食ガルバニ腐食や狭い空間で濃淡電池にが生じておきる接触腐食隙間腐食などがあります応力がかかると生じる応力腐食もあります

腐食に耐える性質耐食性言います

腐食抑制するものインヒビターと言います

接触するとがすびるように塩化物イオンなどのハロゲン濃度高いと腐食が進行しやすことが知られていますフッ化水素酸は特に腐食性が強くガラスも腐食します

物理量反応速度 r 〔mol/m3・s

H.H.ユーリ先生腐食反応その制御-原理と応用読んでね

邦訳もあるよ

目次
腐食の定義とその重要性
腐食の電気化学的機構現代の電気化学(目次)1)
腐食傾向と電極電位
分極腐食速度
不働態
鉄と鋼
応力の影響
大気腐食
土壌腐食
高温酸化
迷走電流による腐食
陰極防食
金属被覆
無機被覆
有機被覆
インヒビターと不働態化剤
水および蒸気系統の腐食
ステンレス
銅と銅合金
アルミニウムマグネシウム

ケルケル合金
チタンジルコニウムタンタル
ケイ-合金ケイ-ケル合金


出典:
腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)
(. . , . ) 5)
現代電気化学目次

序論
電気化学の基礎事項序論1)
電池とエネルギー2)
腐食と防食3)腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)4)
工業電解プロセス5)
表面処理と機能化6)
エレクトロニクスと電気化学7)
バイオエレクトロケミストリー8)
光電気化学9)
情報変換と電気化学10)

無機工業化学,電気化学工業@無機工業化学11)

電気化学工業@無機工業化学


出典:
現代の電気化学(目次)
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 6)