⇒#246

ガラス

5000年前エジプト人はソーダ貝殻原料ガラス作っていました

水より軽い金属
宇宙船の航路
光との作用
アルカリ金属原子
自然界と生体におけるアルカリ金属
もっとも重要な化合物
ソーダガラス

今から5000年前エジプト人はソーダ貝殻原料ガラス作っていたかれらはソーダからソーダ採取していた天然ソーダ芒硝鉱床あるところに算出する芒硝ある種のバクテリア作用で硫化ナトリウム1)還元され生じた硫化ナトリウム酸化炭素水の作用受けてソーダ変わる

(1硫酸ナトリウムNa2SO4, FW = 142.0432 g/mol, (化学種).

出典:
水より軽い金属
(カレーリン、小林茂樹. おもしろい化学元素. 東京図書, . ) 1)
ケイ素製錬、ガラス、セメント2)

ケイ素3)酸化物あるいは構成原子結晶格子点からずれた状態で固まった固体物質絶縁体です固まった過冷却液体

固体状態

固体とは何か
金属ガラス
固体構造の研究法回折
粉末XRD
結晶の構造
結晶系の分類
結晶の不完全性
固体の性質1)
電子スピン共鳴吸収ESR
核磁気共鳴吸収NMR
固体表面
電子分光
固体表面での吸着

現代物理化学序説目次2)
現代物理化学序説 改訂版目次3)

(1固体状態 > 固体の性質
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(2 > 現代物理化学序説(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(3 > 現代物理化学序説 改訂版(目次)
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).

出典:
固体状態
(井上 勝也 著. 現代物理化学序説 改訂版. 培風館, . ) 4)
力学的には流体モデルで扱います過冷却液体さらに冷却するとある温度体積変化率が変化しますこの温度ガラス転移点 Tg 〔Kとよびそれ以下ガラス状態にあるといいますガラス細工5)ガラスのほかに固体液体か区別しづらい状態液晶がありますケイ素製錬、ガラス、セメント7)

住居の窓ガラスお酒入れるグラスなど食品容器や魔法瓶まほうびん記念館8)自動車フロントガラスさらにはブラウン管光ファイバーカメラレンズ電球真空管容器液晶ディスプレイの基板など各種電子部品

高校数学でわかる半導体の原理目次

関連講義無機工業化学,半導体フォトリソグラフィー2008半導体とフォトリソグラフィー(2008)1)


半導体とフォトリソグラフィー(2008)

高校数学でわかる半導体の原理(目次)
(竹内淳. 高校数学でわかる半導体の原理. 講談社ブルーバックス, . )

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次1)
高校数学でわかる半導体の原理目次2)
導電性高分子のはなし目次3)
有機エレクトロニクス目次4)

化学種電子5)酸素空孔6)金属空孔7)正孔8)格子間金属9)格子間酸素10)
(1 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(2 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(3 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(4 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(5電子e-, = 0 g/mol, (化学種).
(6酸素空孔Vo, = 0 g/mol, (化学種).
(7金属空孔VM, = 50.9415 g/mol, (化学種).
(8正孔+, = 1.00794 g/mol, (化学種).
(9格子間金属, = 0 g/mol, (化学種).
(10格子間酸素Oi, = 0 g/mol, (化学種).
電気伝導性の理論
(齋藤安俊・齋藤一弥. 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導. 内田老鶴圃, . )

導電性高分子のはなし目次

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電性高分子1)
高分子半導体2)

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2 > 高分子半導体
三川礼,艸林成和編, 高分子半導体, 講談社, (1977).
導電性高分子のはなし(目次)
(吉野勝美. 導電性高分子のはなし. 日刊工業新聞社, . )

有機エレクトロニクス目次

材料HT1)

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次2)
高校数学でわかる半導体原理目次3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし目次5)
エレクトロニクスと電気化学6)
(1@ > 有機材料 > 高分子材 > 導電性高 > P3HT
P3HT, (材料).
(2 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
有機エレクトロニクス(目次)
(長谷川悦雄. 有機エレクトロニクス. 工業調査会, . )

半導体ダイオードトランジスター
原子

電子の比電荷1)電気素量2)

関連講義
無機工業化学,半導体と印刷フォトリソグラフィー20103)
ピカッとさいえんす,イルミネーション半導体4)

関連書籍
核反応と核エネルギー5)
非直線抵抗6)
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次7)
高校数学でわかる半導体原理目次8)
電気伝導性の理論9)
導電性高分子のはなし目次10)
有機エレクトロニクス目次11)


無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).

四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1電子の比電荷( = 175882012000 [クーロン毎キログラム].
(2電気素量(elementary charge = 1.602176462E-19 [クーロン].
(3無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).
(4四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(5原子と原 > 核反応と核エネルギー
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(6電気と磁 > 非直線抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(7 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(8 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(9 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(10 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(11 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
原子と原子核
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . )


鉄鋼@無機工業化学
酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学


出典:
無機薬品・材料化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.8. ) 9)また化学実験でなくてはならないガラス器具にと用途は大きい実験室でつかわれるガラスには石英ガラス
セラミ材料目次1)

セラミックス序論
セラミックスとは?
セラミックス序論
アルミナ2)
チタンバリウム3)
フェライト4)
酸化ケイ5)
酸化亜鉛6)
ジルコニア7)
黒鉛8)
ダイヤモンド9)
炭化ケイ10)
窒化ケイ11)

(1 > セラミック材料(目次)
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(2酸化アルミニウムAluminum OxideAl2O3, = 101.9612 g/mol, (化学種).
(3チタン酸バリウムBaTiO3, = 233.2082 g/mol, (化学種).
(4四酸化三鉄Fe3O4, = 231.5386 g/mol, (化学種).
(5二酸化珪素SiO2, = 60.0843 g/mol, (化学種).
(6酸化亜鉛Zinc OxideZnO, = 81.3894 g/mol, (化学種).
(7酸化ジルコニウムZrO2, = 123.2228 g/mol, (化学種).
(8グラファイトgraphiteC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(9ダイヤモンドC, = 12.011 g/mol, (化学種).
(10炭化ケイ素SiC, = 40.0965 g/mol, (化学種).
(11窒化ケイ素SiN, = 42.0922 g/mol, (化学種).

出典:
セラミックス序論
(堂山昌男・山本良一. セラミック材料. 東京大学出版会, . ) 10)
軟質ガラス硬質ガラス寒暖計ガラスパイレックスガラスなどがあります
緒論
般的注意
物理計算
誤差法則
ガラス細工

物理学実験目次1)
(1物理学実験(目次)
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (1958).

出典:
緒論
(吉田卯三郎, 武居文助共著. 物理学実験. 三省堂, . ) 11)
JIS.R―窯業12)ガラス着色するにはマンガンコバルトイオウ茶色ネオジム13)マンガン赤紫などの金属イオン発色イオンとして使います

ガラス生産する産業窯業といいます東芝セラミックス14)

ケイ酸塩
ガラス
セメント
耐火物煉瓦
陶磁器
ホウロウ

工業化学概論目次1)

(1 > 工業化学概論(目次)
山田保,尾藤忠旦著, 工業化学概論, 朝倉書店, (196).

出典:
ケイ酸塩
(山田保,尾藤忠旦著. 工業化学概論. 朝倉書店, . ) 15)
資材
ガラス
屋根瓦
鉄鋼
セメント
潤滑

モノができる仕組み辞典目次1)
(1モノができる仕組み辞典(目次)
成美堂出版編集部, モノができる仕組み辞典, 成美堂出版, (2008).

出典:
資材
(成美堂出版編集部. モノができる仕組み辞典. 成美堂出版, . ) 16)
最近では航空機にジュラルミンのかわりにガラス繊維強化プラスチック使われだしましたガラスに施す表面処理も様々なものがあります
表面処理技術工業的応用
鉄鋼業における各種表面処理
建築分野における表面技術
自動車工業における表面技術
ガラス工業における表面処理技術1)
電子工業における表面技術
磁気記録記憶表面技術
表面デバイスにおける材料プロセス表面技術
電磁波シールド材料

表面処理工学 基礎と応用目次2)
(1ガラス工業における表面処理技術
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, (2000).
(2表面処理工学 基礎と応用(目次)
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, (2000).

出典:
表面処理技術の工業的応用
(表面技術協会. 表面処理工学 基礎と応用. 日刊工業新聞社, . ) 17)
ガラスセラミックス材料に分類されます

無機工業化学II1)

関連講義

無機工業化学,鉄鋼@無機工業化学2)

無機工業化学,酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学3)

関連書籍

よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次

よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
(西久保靖彦. よくわかる最新半導体の基本と仕組み. 秀和システム, . )

高校数学でわかる半導体の原理目次

関連講義無機工業化学,半導体フォトリソグラフィー2008半導体とフォトリソグラフィー(2008)1)


半導体とフォトリソグラフィー(2008)

高校数学でわかる半導体の原理(目次)
(竹内淳. 高校数学でわかる半導体の原理. 講談社ブルーバックス, . )

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次1)
高校数学でわかる半導体の原理目次2)
導電性高分子のはなし目次3)
有機エレクトロニクス目次4)

化学種電子5)酸素空孔6)金属空孔7)正孔8)格子間金属9)格子間酸素10)
(1 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(2 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(3 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(4 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(5電子e-, = 0 g/mol, (化学種).
(6酸素空孔Vo, = 0 g/mol, (化学種).
(7金属空孔VM, = 50.9415 g/mol, (化学種).
(8正孔+, = 1.00794 g/mol, (化学種).
(9格子間金属, = 0 g/mol, (化学種).
(10格子間酸素Oi, = 0 g/mol, (化学種).
電気伝導性の理論
(齋藤安俊・齋藤一弥. 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導. 内田老鶴圃, . )

導電性高分子のはなし目次

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電性高分子1)
高分子半導体2)

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2 > 高分子半導体
三川礼,艸林成和編, 高分子半導体, 講談社, (1977).
導電性高分子のはなし(目次)
(吉野勝美. 導電性高分子のはなし. 日刊工業新聞社, . )

有機エレクトロニクス目次

材料HT1)

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次2)
高校数学でわかる半導体原理目次3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし目次5)
エレクトロニクスと電気化学6)
(1@ > 有機材料 > 高分子材 > 導電性高 > P3HT
P3HT, (材料).
(2 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
有機エレクトロニクス(目次)
(長谷川悦雄. 有機エレクトロニクス. 工業調査会, . )

半導体ダイオードトランジスター
原子

電子の比電荷1)電気素量2)

関連講義
無機工業化学,半導体と印刷フォトリソグラフィー20103)
ピカッとさいえんす,イルミネーション半導体4)

関連書籍
核反応と核エネルギー5)
非直線抵抗6)
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次7)
高校数学でわかる半導体原理目次8)
電気伝導性の理論9)
導電性高分子のはなし目次10)
有機エレクトロニクス目次11)


無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).

四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1電子の比電荷( = 175882012000 [クーロン毎キログラム].
(2電気素量(elementary charge = 1.602176462E-19 [クーロン].
(3無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).
(4四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(5原子と原 > 核反応と核エネルギー
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(6電気と磁 > 非直線抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(7 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(8 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(9 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(10 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(11 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
原子と原子核
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . )


鉄鋼@無機工業化学
酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学


出典:
無機薬品・材料化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.8. ) 18)

関連講義無機工業化学,窯業・珪酸塩化学工業@無機工業化学19)

関連書籍

スズフロートバスで窒素と水素混合した雰囲気で

資材
ガラス
屋根瓦
鉄鋼
セメント
潤滑

モノができる仕組み辞典目次1)
(1モノができる仕組み辞典(目次)
成美堂出版編集部, モノができる仕組み辞典, 成美堂出版, (2008).

出典:
資材
(成美堂出版編集部. モノができる仕組み辞典. 成美堂出版, . ) 20)

ガラスなどについての記述があります。

出典:
ガラスなどについての記述
(太田健一郎 [ほか] 著. 無機工業化学. 朝倉書店, . ) 21)

人間生活と物質

食品
衣料の繊維と染色
医薬品
肥料
金属の精錬

金属イオン化傾向精錬

無機物質の利用
大気と環境
エネルギーと環境
エネルギーと環境保全

出典:
人間生活と物質
(佐野博敏・花房昭静. スクエア最新図説化学. 第一学習社, . ) 22)

人間生活物質化学応用

化学の応用

無機化学工業
金属の製造
実用電池
石油化学工業
化学の新素材


出典:
人間生活と物質(化学の応用)
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録. 数研出版, . ) 23)

無機物

希ガスと水素
ハロゲン
ハロゲン化合物
ハロゲン化合物
硫黄化合物
窒素とその化合物
リンとその化合物
炭素ケイ素
ケイ素化合物
気体の製法と性質
アルカリ金属
ナトリウム化合物
元素とその化合物
カルシウム1)とその化合物
アルミニウム2)
亜鉛カドミウム水銀
スズ鉛とその化合物
遷移元素と錯イオン
3)コバルト4)ニッケル5)
とその化合物
とその化合物
その他の遷移金属
金属イオンの検出と確認
金属イオンの沈殿反応
金属イオンの分析
無機化学工業金属製造
無機化学工業電解工業
無機化学工業塩基

サイエンスビュー化学総合目次6)



(1カルシウムCa, = 40.078 g/mol, (化学種).
(2アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).
(3IronFe, = 55.847 g/mol, (化学種).
(4コバルトCo, = 0 g/mol, (化学種).
(5ニッケルnickelNi, = 58.69 g/mol, (化学種).
(6 > サイエンスビュー化学総合(目次)
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).

出典:
無機物質
(実教出版. サイエンスビュー化学総合資料. 実教出版, . ) 24)

金属セラミクス材料

金属非鉄金属

非鉄金属アルミニウム亜鉛シリコン

セラミクス

陶磁器ガラスセメントアルミナシリカ

高校数学でわかる半導体の原理目次

関連講義無機工業化学,半導体フォトリソグラフィー2008半導体とフォトリソグラフィー(2008)1)


半導体とフォトリソグラフィー(2008)

高校数学でわかる半導体の原理(目次)
(竹内淳. 高校数学でわかる半導体の原理. 講談社ブルーバックス, . )

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次1)
高校数学でわかる半導体の原理目次2)
導電性高分子のはなし目次3)
有機エレクトロニクス目次4)

化学種電子5)酸素空孔6)金属空孔7)正孔8)格子間金属9)格子間酸素10)
(1 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(2 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(3 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(4 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(5電子e-, = 0 g/mol, (化学種).
(6酸素空孔Vo, = 0 g/mol, (化学種).
(7金属空孔VM, = 50.9415 g/mol, (化学種).
(8正孔+, = 1.00794 g/mol, (化学種).
(9格子間金属, = 0 g/mol, (化学種).
(10格子間酸素Oi, = 0 g/mol, (化学種).
電気伝導性の理論
(齋藤安俊・齋藤一弥. 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導. 内田老鶴圃, . )

導電性高分子のはなし目次

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電性高分子1)
高分子半導体2)

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > 導電性高分子,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2 > 高分子半導体
三川礼,艸林成和編, 高分子半導体, 講談社, (1977).
導電性高分子のはなし(目次)
(吉野勝美. 導電性高分子のはなし. 日刊工業新聞社, . )

有機エレクトロニクス目次

材料HT1)

関連書籍
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次2)
高校数学でわかる半導体原理目次3)
電気伝導性の理論4)
導電性高分子のはなし目次5)
エレクトロニクスと電気化学6)
(1@ > 有機材料 > 高分子材 > 導電性高 > P3HT
P3HT, (材料).
(2 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(3 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(4 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(5 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(6 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
有機エレクトロニクス(目次)
(長谷川悦雄. 有機エレクトロニクス. 工業調査会, . )

半導体ダイオードトランジスター
原子

電子の比電荷1)電気素量2)

関連講義
無機工業化学,半導体と印刷フォトリソグラフィー20103)
ピカッとさいえんす,イルミネーション半導体4)

関連書籍
核反応と核エネルギー5)
非直線抵抗6)
よくわかる最新半導体の基本と仕組み目次7)
高校数学でわかる半導体原理目次8)
電気伝導性の理論9)
導電性高分子のはなし目次10)
有機エレクトロニクス目次11)


無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).

四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).

(1電子の比電荷( = 175882012000 [クーロン毎キログラム].
(2電気素量(elementary charge = 1.602176462E-19 [クーロン].
(3無機工業 > 2010 > 半導体と印刷、フォトリソグラフィー(2010A),2010年(H22年度)―無機工業化学
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2010).
(4四丁目サ > イルミネーション~半導体~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2007).
(5原子と原 > 核反応と核エネルギー
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(6電気と磁 > 非直線抵抗
中村英二、吉沢康和, 新訂物理図解, 第一学習社, (1984).
(7 > よくわかる最新半導体の基本と仕組み(目次)
西久保靖彦, よくわかる最新半導体の基本と仕組み, 秀和システム, (2003).
(8 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(9 > 電気伝導性の理論
齋藤安俊・齋藤一弥, 金属酸化物のノンストイキオメトリーと電気伝導, 内田老鶴圃, (1987).
(10 > 導電性高分子のはなし(目次)
吉野勝美, 導電性高分子のはなし, 日刊工業新聞社, (2001).
(11 > 有機エレクトロニクス(目次)
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
原子と原子核
(数研出版編集部. 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録. 数研出版, . )


鉄鋼@無機工業化学
酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学


出典:
無機薬品・材料化学
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.8. ) 1)

最新工業化学持続的社会に向けて目次

最新工業化学持続的社会に向けて目次

工業化学の新しい動向1)
無機薬品・材料化学2)
電気化学3)
石炭化学・炭素材料4)
石油精製・石油化学5)
高分子化学6)
有機ファインケミカルズ7)
生物化学8)
持続可能な社会づくり9)


出典:
最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, . ) 2)


出典:
金属・セラミックス材料
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.16. ) 25)

動画紫外線と日焼け止めクリーム26)

丁目サイエンス劇場紫外線と日焼け

http://c1.yz.yam…

動画氷とガラス27)

丁目サイエンス劇場氷とガラス前半

http://www.youtu…

丁目サイエンス劇場氷とガラス後半

http://www.youtu…


材料分析も踏まえた分析現場における問題の提起とそれ解決するための討論会第1回分析科学技術者の集い1)開催されます