⇒#695

容器

物質の入れ物ポットパッケージです柔軟性のある腰のある剛性のあるなどがありますいろいろな産業材料入れるボンベタンクなどの容器がなければなりたちません裁断加工が容易な木材自由な形に成形加工きる金属ガラスプラスチックスセラミックスなどが使われます1)

中身で溶けたり冒されたりしては困りますまた中身がもれたり外から中に何かが混じっても困りますもちろん中身と容器が反応するのも困ります

食品の容器としては陶磁器漆器カップなどがあり金属容器としては飲料が広く使われています調理器具も容器ですインスタント食品ではプラスチック包装が工夫されていますJIS規格が定められています2)3)

化学実験試薬保存したり反応させたりするにはガラス器具がよく使われますまた特殊な充填のためにボンベ坩堝オートクレーブデュアーなどが使われます

JIS.Z―その他(容器・色・物理量・単位・管理),JIS(日本工業規格)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1合成樹脂
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(2JIS.Z―その他(容器・色・物理量・単位・管理),JIS(日本工業規格)
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(3世界に誇る食品容器包装材
, ,0,1(2007).