HOME 教育状況公表 令和3年9月29日
⇒#168@レビュー;

5.5.4. 合成高分子の性質と利用

佐野博敏、花房昭静. 総合図説化学 . 第一学習社,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

合成高分子の性質と利用

フィルム
ケチャ容器にはポリプロピレン1)ラミネートしたフィルムが使われています酸素2)遮断して食品新鮮に保つフィルムバリヤー樹脂とよばれエチレン3)共重合させたものが使われています

エンジニアリングプラスチックエンプラ
自動車部品事務機器家電電化製品などに広く使われていて金属かわる材料として重要です

ポリカーボネート4)
(1ポリプロピレン[-CH2-CH(CH3)-]n, FW = 42.08064 g/mol, (化学種).
(2酸素O2, FW = 31.9988 g/mol, (化学種).
(3ポリビニルアルコール[-CH2-CH(OH))-]n, FW = 0 g/mol, (化学種).
(4ポリカーボネート[-O-Ph-C(CH3)2-Ph-O-(C=O)-]n, FW = 0 g/mol, (化学種).

書評・注釈・コメント

ポリアミド1)

関連書籍高分子の物性2)
(1@ > 有機材料 > プラスチ > ポリアミド
ポリアミド, (材料).
(2 > 高分子の物性
井本稔, 井本立也著, 高分子化学の基礎, 大日本図書, (1968).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<ul>
<!-- 書評 書評 書評 5.5.4. 合成高分子の性質と利用 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=168"> 5.5.4. 合成高分子の性質と利用 </a>
<br/> 佐野博敏、花房昭静.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=8"> 総合図説化学 </a> </cite>.
第一学習社, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=168"> 参照 2006-1-22 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 5.5.4. 合成高分子の性質と利用 書評 書評 書評 -->
</ul>

参考文献( 書籍雑誌URL )


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=168

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.