🏠
🌡️ 📆 令和5年2月4日

産業

1.

生活をささえる建築、自動車、車両、航空、宇宙、土木、エネルギー、機械、船舶、包装、容器、化学物質、日用品などを生産することです。工業のほかに農業やサービス業をふくめることもあります。1)の産業革命をかわきりに大きく人類の生活はかわりました。産業博物館で勉強することができます2)。

※日本標準産業分類

http://www.stat.…

農業、林業、漁業、鉱業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、卸売・小売業、金融・保険業、不動産業、飲食店,宿泊業、医療,福祉、教育,学習支援業、複合サービス事業、サービス業、分類不能の産業3)

産業技術資料総合センター

http://sts.kahak…

コストとリスクとメリットのバランスを見据えて舵取りすることが大切です。人々が安全な生活を営むための法律や規格が定められています。産業活動にともなう産業廃棄物は環境への負荷を考慮して貯蔵しなければなりません。日本では化学産業としてソーダ製品、化学肥料、顔料・染料、写真フィルム、タイヤ・ゴム製品、油脂製品・界面活性剤、塗料・印刷インキ、プラスチック製品、化粧品・香料、農医薬中間体、電子材料、メディカル・ヘルスケア、エネルギー・環境関連などがあります。その中でも自動車タイヤ産業、写真フィルム産業、半導体材料産業が高い市場占有率を示しています。科学と産業を結びつける学問を工学といいます。日本の産業の発達のために特許制度などの法律も定められています4)5)6)。

○製造物責任法(PL法)7)

http://law.e-gov…

○特許法

http://law.e-gov…

○工業標準化法(JIS法)

http://law.e-gov…

http://www.stat.…

日用品