🏠
🌡️ 📆 令和4年12月10日

環境

1.

自分以外。注目する物質のまわりの雰囲気。温度 T ã€”K〕や空気の状態など。人間を構成する物質やエネルギーが存在する空間以外の空間。特に地球の生活空間をさします。環境にやさしい化学をグリーンケミストリーといいます1)。

でも環境を守るには大量の物質を廃棄し、大量のエネルギーを消費する人間の生活そのものも見直していかなければならないかもしれません。それは便利さを犠牲にすることでもあります。たとえばフロンは優れた特性をそなえた化合物で、半導体の洗浄や冷蔵庫の冷媒として使われましたが、オゾン層を破壊することがわかり、使われなくなりました2)。しかしまだ環境ホルモン、大気汚染による酸性雨、原子力発電にともなう放射性廃棄物などこれから取り組むべき問題も数多くあります。エコマテリアルを使うなど地球上の資源を大切にすることも大切です3)4)環境計測化学5)。洗浄のあとの廃液などにも注意しましょう。金属の腐食は環境によって大きくかわります。

環境汚染を調査するためには水や土をつねに分析する必要があります。四季をおりなす美しい環境を守るのに自然再生推進法などが定めされました6)。また工場などではISO14000認証取得がのぞまれています。7)8)9)

環境を保全するため法律でも環境教育が推進されています10)。法律ばかりでなく人間ひとりひとりの倫理観も大切です。環境にやさしい循環型社会・持続型社会を形成していくためには、消費者・事業者・行政等の協力で、リデュース(廃棄物の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再資源化)の3Rへの取り組みが重要です。

資源、環境、大気、海と言った事柄を取り扱う学問分野は、地学(アースサイエンス)と呼ばれます。持続可能な社会へ向けて世界的な取り組みが進む中、日本の高校教育では、地学を履修する生徒が多くありません。教育を受けなければ、意思決定すらままなりません。なぜそのような状況になるのでしょうか?

【関連講義】

技術者倫理,未来へ向けて~ヒトという種の存続のために~(2011)11)

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,12)

お散歩の中にサイエンスを探し求めて♪,13)

【関連書籍】

14)

科学技術者の倫理:その考え方と事例(目次)15)

16)

17)


2.

生活科学/有機工業化学/エネルギー変換化学/

3.

環境や公定法関連分野分野について、分析現場からの視点で見つめた討論会である「第1回分析科学技術者の集い」が開催されます1)。
(1第1回分析科学技術者の集い会議.