HOME 教育状況公表 令和3年9月16日

雰囲気

1.

加熱などをする際の周囲の気体組成空気中、酸素中、アルゴン中などがよく使われます。焼成実験条件では温度圧力だけでなく流量もチェックしましょう。