🏠
🌡️ 📆 令和5年4月2日

ゴム

1.

ゴム1)は高分子化合物のうちヤング率 Yo ã€”Pa〕が小さく柔軟性と弾性があり密着性を備えた材料です2)3)。1840年、グッドイヤー(米)がゴムの加硫法の発明し、鉄道の発達とともに量産されてきました4)。

イソプレンゴム(IR)イソプレンゴム(IR)、ブタジエンゴム(BR)ブタジエンゴム(BR)、クロロプレンゴム(CR)、スチレンブタジエンゴム(SBR)スチレンブタジエンゴム(SBR)、アクリロニトリルブタジエンゴム(NBR))アクリロニトリルブタジエンゴム(NBR)、エラストマーなどがあります。

自動車のワイパーやタイヤ5)、プーリーのクッション材、パイプの接手につかうOリング、カーペットの接着剤、消しゴム、セロテープの粘着材、アスファルトに混合した機能性道路舗装材などに広く応用されています6)。チューインガムのガムベースには加硫しないゴムを使います。

天然ゴムから作る原料のラテックスはコロイド分散状態にあり、これに酢酸などを加えて塩析、凝固させて生ゴムを得ます。これに老化防止剤などや加硫など行いニーダーで混練、成型します7)。化学の産業分野として重要です8)。

劣化したゴムは亀裂などを生じます。燃焼器具のパイプなどに使われていると漏洩事故からガス中毒事故へ発展したりするので、メンテナンスには十分注意をはらいましょう9)10)11)12)。

http://public.sa…

【性状】柔軟性13)

【関連講義】

高分子工業化学14)

科学ゼミⅡ,15)

【材料】カイロ、ゴム製品、ペット用の砂

【関連書籍】

16)

17)

18)