HOME 教育状況公表 本日
⇒#33@講義;

0000.  (株)フコク群馬工場・中央研究所見学の報告


この 講義 仁科先生の工場見学ルポ の単元です。 この講義((株)フコク群馬工場・中央研究所見学の報告)の親単元は 株式会社フコク です。

初版
()フコク群馬工場中央研究所見学の報告

JABEEが主張する技術者教育の実践には教官がモノ造りの現場熟知する必要がありいろんな会社の工場見学実施しています随所で()フコク様のYes,WeDo!垣間見る事ができましたまた夜の更けるのも忘れて楽しい交流の席設けて戴き深く感謝申しあげます

更に副社長からのご説明の後のディスカションにおいて()フコク様と取り組めるテーマとして同伴いたしました科学技術コーディネータから提案がございましたがそればかりでなく()フコク様の強みはゴム材への種々な材料混合均一混合構造制御混合あると思います副社長からのご説明の際にいくつかキーードが提示されておりましたが巷で騒がれている機能性なんちゃらという用語の最後にゴムつけるだけで実に多くのものができると思いますゴムの場合はなんといってもゴム弾性という他の材料にない特徴的な機能がありこれ巷で騒がれている機能性なんちゃらというものに組み合わせるだけで実に多くの魅力的な材料ができてくると思います私どもが提案させていただいたテーマそのほんのひとかけらに過ぎません鍵は自分の専門分野に囚われない発想力でしょうか異分野の技術との組み合わせは実に強力な武器となりますしゴム弾性という他にはない特徴最大の武器にできる()フコク様の技術は今後も大きく伸びていけるものと思います

それにしてもゴムという高粘性なものに炭素などの微粉体均一混合する技術は凄いものがありますねこの分野は工学的な解析があまり進んでいない分野だと思いますが現場るか先行っている凄いもんですしかも炭素などの微粉体が舞い散って環境汚さないようにかつ作業効率追求した材料供給粉体混合装置などは驚くばかりでした炭素粉体扱う工場では炭素微粉によって工場内の床や壁が真っ黒になっているのが通常ですが()フコク様の工場がきれいだったことに驚き隠せません

FEM解析については私が本田技研和光研究所にいた昭和58,59年のときの仕事思いだし懐かしく聞かせていただきましたあの時私はゴム材料の疲労破壊のデータとFEM解析による最大応力集中部の結果からマイナー用いてゴム部品の寿命予測するという仕事していたのでした先ほどGoogleでマイナーキーードして検索かけてみたのですが20024月に面白そうな書物ゴム樹脂製品における故障解析と寿命予測(http://www.j-tec…)出版されているのですね70,000円の書物ですか…以前にQ&Aにあった質問に対する回答はGoogleでは45位にランクインしておりましたhttp://syllabus-…あります

()フコクの益々のご繁栄皆様方のご健勝お祈り申しあげます

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> (株)フコク群馬工場・中央研究所見学の報告 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11028'> 仁科先生の工場見学ルポ <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=33'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=33 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-19">2019-9-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=33

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.