⇒#3766

粉体

のこと多数の固体粒子の集合体であり構成固体粒子間に相互作用力が働いている状態です扱う操作として粉砕分級混合混練造粒成形貯蔵供給などがあります電池活物質から合材造るときなどにこれらの技術が重要です1)触媒有機物鉱物活物質といろいろに使われます2)3)4)5)

体は通常さまざまな粒径粒子混合物で比表面積6)などの総和量平均粒径7)や粒度分布などの統計量によって表現されます8)9)密度として密度10)嵩密度11)使われます

関連書籍固体の取り扱い12)

学会&協 > 粉体工学研究会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

(1学会&協 > 粉体工学研究会,学会&協会(任意団体)
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(2 > 粉体の表面化学(目次)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(3 > 化学工学(目次)
藤田重文, 東畑平一郎編, 化学工学, 東京化学同人, (1963).
(4 > 化学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).
(5粉体工学,化学系生物応用化学専修コース(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
神田 良照,シラバス-山形大学, (2008).
(6比表面積(specific surface areaS [m2/kg(平方メートル毎キログラム)].
(7粒径(parrticle sizer [m(メートル)].
(8比表面積(specific surface areaS [m2/kg(平方メートル毎キログラム)].
(9粒度分布,粒径,粒度, (プロット).
(10タップ密度( [kg/m3(キログラム毎立方メートル)].
(11嵩密度( [kg/m3(キログラム毎立方メートル)].
(12 > 固体の取り扱い
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, (2002).