🏠
🌡️ 📆 令和4年12月1日

宇宙

1.

宇宙を理解するために実験室内で宇宙を作って実験したり,遠い天体に実際に行ってサンプルを取って来たりすることはできません。

2.

太陽や地球が存在する空間。とくに地球の大気圏外の真空の空間1)2)。時間と空間と物質からなる世界のこともいい、さまざまな宇宙モデルがあって現在も膨張しつづけていると言われています3)。天文学は古くから測地に使われてきました4)。

携帯電話の電波の中継をしたり、自動車のカーナビに情報を送ったり、天気予報をあてたりするのにロケットや人工衛星をとばします5)6)。宇宙遊泳に使う宇宙服には磁性流体が使われています。宇宙にはコンセントがないので電池のような電源の確保が大変です。それらかかわる産業分野は技術の発展に大切です。宇宙の姿は、素粒子7)、相対性理論、量子力学、カオス理論、などから語られています。天文学、地学、物理学などで学びます。

宇宙飛行士が宇宙でいろいろな観察を行っています8)。

【関連書籍】
宇宙飛行士毛利衛のエッセイ9)
すばる望遠鏡の宇宙―ハワイからの挑戦10)
宇宙ロケット なるほど読本11)

【動画】12)
ピカッとさいえんす「宇宙に行った電池」
http://c1.yz.yam…

学術・研 > å¤©æ–‡å°ãƒ» > å›½ç«‹å¤©æ–‡å°,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

高等学校 > åœ°å­¦ï¼ˆé«˜ > åœ°çƒã¨ç’° > ä¸Šç©ºï¼†æ°— > éŠ€æ²³ã¨æ˜Ÿåº§,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

ミュージ > ç§‘学館( > æ¨ªæµœã“ども科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

ミュージ > ç§‘学館( > ä¸‰è±ã¿ãªã¨ã¿ã‚‰ã„技術館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

学術・研 > ï¼ªï¼¡ï¼¸ï¼¡ > ï¼ªï¼¡ï¼¸ï¼¡èƒ½ä»£å¤šç›®çš„実験場,JAXA
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

化学エネ > å®‡å®™ã‹ã‚‰ã®è´ˆã‚Šç‰©,化学エネルギーから熱エネルギーへの変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).

ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).

(1学術・研 > å¤©æ–‡å°ãƒ» > å›½ç«‹å¤©æ–‡å°,天文台・星空観察
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(2高等学校 > åœ°å­¦ï¼ˆé«˜ > åœ°çƒã¨ç’° > ä¸Šç©ºï¼†æ°— > éŠ€æ²³ã¨æ˜Ÿåº§,上空&気象&宇宙
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(3 > The National Science Museum 地球生命史と人類―自然との共存をめざして(目次)
国立科学博物館, The National Science Museum 地球生命史と人類―自然との共存をめざして, 国立科学博物館, (2005).
(4ミュージ > ç§‘学館( > æ¨ªæµœã“ども科学館,科学館(自然科学系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(5ミュージ > ç§‘学館( > ä¸‰è±ã¿ãªã¨ã¿ã‚‰ã„技術館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(6学術・研 > ï¼ªï¼¡ï¼¸ï¼¡ > ï¼ªï¼¡ï¼¸ï¼¡èƒ½ä»£å¤šç›®çš„実験場,JAXA
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(7 > åŽŸå­ã¨åŽŸå­æ ¸
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス物理図録, 数研出版, (2006).
(8化学エネ > å®‡å®™ã‹ã‚‰ã®è´ˆã‚Šç‰©,化学エネルギーから熱エネルギーへの変換
立花 和宏,無機工業化学II, 講義ノート, (2005).
(9 > å®‡å®™é£›è¡Œå£«æ¯›åˆ©è¡›ã®ã‚¨ãƒƒã‚»ã‚¤
毛利衛, 宇宙からの贈りもの, 岩波新書, (2001).
(10すばる望遠鏡の宇宙―ハワイからの挑戦
海部宣男、宮下曉彦, 岩波新書, (2007).
(11宇宙ロケット なるほど読本
阿施光南, 山海社, (2003).
(12ピカッと > å®‡å®™ã«è¡Œã£ãŸé›»æ± ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2012).