🏠
🌡️ 📆 令和5年2月6日

機械

1.

マシン。人間が発明し開発した構造を持った材料の集合体。主に電気など人間以外のエネルギーを利用して別なエネルギーに変換したり、情報を得たり、物質を合成したりします。人間がエネルギーを供給する場合は器械の字をあてます。機械の機(き)の字は機(はた)とも読み、糸から布を作る道具を意味しました。ミシンはマシンから訛ったものとされています。

分析機器、自動車やそのエンジン、工場の生産に使うロールやスリッターなどの産業機械、マシニングセンタ、旋盤などの工作機械1)、エアコンやコンピュータなどの家電製品、産業用ロボット2)などです。機械部品類、FA共通、工具・ジグ類、工作用機械、工学機械・精密機械、などの規格はJISに定められています。

実験や実習では器具、ツール、機械、器械、装置などを使います。化学実験3)、物理実験4)、生物実験5)などの器具は安全に使いましょう。

機械工学概説(目次)6)
インボリュート7)

一般機械 > æ ªå¼ä¼šç¤¾æ£®ç²¾æ©Ÿè£½ä½œæ‰€ä¼Šè³€äº‹æ¥­æ‰€ï¼ ä¸‰é‡çœŒä¼Šè³€å¸‚,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).

一般機械 > æ¸‹è°·å·¥æ¥­æ ªå¼ä¼šç¤¾,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).

高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦ > åŒ–学実験の器具と操作,高校化学
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†å®Ÿé¨“の器具と操作,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > é«˜æ ¡ç”Ÿç‰© > ç”Ÿç‰©å®Ÿé¨“の器具と操作,高校生物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

インボリュート図形.

(1一般機械 > æ ªå¼ä¼šç¤¾æ£®ç²¾æ©Ÿè£½ä½œæ‰€ä¼Šè³€äº‹æ¥­æ‰€ï¼ ä¸‰é‡çœŒä¼Šè³€å¸‚,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).
(2一般機械 > æ¸‹è°·å·¥æ¥­æ ªå¼ä¼šç¤¾,一般機械・工具
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2005).
(3高等学校 > é«˜æ ¡åŒ–å­¦ > åŒ–学実験の器具と操作,高校化学
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(4高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†å®Ÿé¨“の器具と操作,高校物理
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(5高等学校 > é«˜æ ¡ç”Ÿç‰© > ç”Ÿç‰©å®Ÿé¨“の器具と操作,高校生物
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(6 > æ©Ÿæ¢°å·¥å­¦æ¦‚説(目次)
米津栄・稲崎一郎, 機械工学概説, 森北出版, (1978).
(7インボリュート図形.

2.

機械システム概論/