🏠
🌡️ 📆 令和4年12月7日
⇒#825@レビュー;

堂山昌男・山本良一. セラミック材料 . 東京大学出版会,.
2.1. æ©Ÿæ¢°çš„物性

参照元

講義ノート:セラミックス材料~正極活物質と導電助材の働き~(2011_H23)



書評・注釈・コメント

応力

【関連講義】
電気化学の庵,音と振動、そして圧力と流体(力学エネルギー)1)
電気化学の庵,機械的・力学的物性2)

高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†é‡ã¨ > éŸ³ã¨æŒ¯å‹•ã€ãã—て圧力と流体(力学エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†é‡ã¨ > éŸ³ã¨æŒ¯å‹• > æ©Ÿæ¢°çš„・力学的物性,音と振動、そして圧力と流体(力学エネルギー)
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

(1高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†é‡ã¨ > éŸ³ã¨æŒ¯å‹•ã€ãã—て圧力と流体(力学エネルギー),物理量と単位
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2高等学校 > é«˜æ ¡ç‰©ç† > ç‰©ç†é‡ã¨ > éŸ³ã¨æŒ¯å‹• > æ©Ÿæ¢°çš„・力学的物性,音と振動、そして圧力と流体(力学エネルギー)
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

引用・概要・要約・抄訳

機械的物性

・応力と歪み―弾性変形
・強度と破壊
・塑性変形とクリープ
・硬さ
・熱衝撃

出典・引用元

type=7,id=3265

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 2.1. æ©Ÿæ¢°çš„物性 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=825"> 2.1. æ©Ÿæ¢°çš„物性 </a>
<br/> 堂山昌男・山本良一.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=13"> セラミック材料 </a> </cite>.
東京大学出版会, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=825"> 参照 2009-9-2 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 2.1. æ©Ÿæ¢°çš„物性 書評 書評 書評 -->
</ul>


<%nExtID=825:szRefType="book":szRefHeadLine="堂山昌男・山本良一,セラミック材料,東京大学出版会,2.1. æ©Ÿæ¢°çš„物性(1986-4-25)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=825


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.