🏠
🌡️ 📆 令和5年6月3日

印刷

1.

版にインキをつけて紙に押し当て同じ模様を何枚も複製する技術。最近は紙だけでなくプラスチック、陶器、ガラス、金属などに直接印刷します。版には木、石、金属、プラスチックなど加圧に耐えられる固体材料が使われます。活字を組んだりして版を作る工程を製版といいますが、現在ではコンピュータを使ったデジタル処理が主流となりました。アルミニウムにフォトレジストを塗布したPS版などを使ってコンピュータから直接製版します1)。

カラー印刷の場合は黄赤藍墨(キアカアイスミ)の順に4色で印刷します。高級なものでは8色ぐらいまで使うことがあります。インクパンから硬質クロムめっきを施した版にインクを載せて、紙などの媒体に転写します。

活字を使って本を印刷するばかりでなく、電子部品のプリント配線版、半導体の集積回路、リードフレーム、LCDのカラーフィルタなどをつくったりします2)。基本的には原稿を作って製版し、校正し、印刷機で印刷し、裁断、製本まで行います。コンピュータから画像情報を直接プリンタで印刷することもあります3)。

活版印刷、オフセット印刷、グラビア印刷、シルクスクリーン印刷などの種類があります4)。紙幣の印刷はこれらを組み合わせてやります5)。

6)にグーテルベルグが聖書を活字で印刷しました。

【関連講義】

7)

印刷博物館8)

三菱UFJ貨幣資料館9)

ピカッとさいえんす,10)

グーテンベルグ11)

【関連書籍】

12)

図録 お札と切手の博物館13)

印刷博物館ガイドブック14)

わが国の印刷の過去、現在、未来-活字からデジタルへの変革期を迎えて-15)

カラーイラスト印刷技術16)

【動画】17)

ピカッとさいえんす「印刷技術」

http://c1.yz.yam…