⇒#250

プラスチック

高分子材料です主にポリエチレン1)ポリスチレン2)ポリ酢酸ビニル3)ポリカーボネート4)ポリ塩化ビニル5)などの合成樹脂さします6)ガラス金属と同様に自由な形に成型できる上ガラスと違って割にくい性質持ちます般には原油から合成して作ります7)

いろいろな形状に成型します8)歴史的なプラスチしてセルロイドベークライトが知られています

関連講義エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~9)

エネルギ > 2011 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,2011年(平成23)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1ポリエチレン[-CH2CH2-]n, = 28.05376 g/mol, (化学種).
(2ポリスチレンpolystyrene[-CH2-C(-Ph)H-]n, = 0 g/mol, (化学種).
(3ポリ酢酸ビニル[-CH2-CH(OCOCH3)-]n, = 86.09044 g/mol, (化学種).
(4ポリカーボネート[-O-Ph-C(CH3)2-Ph-O-(C=O)-]n, = 0 g/mol, (化学種).
(5ポリ塩化ビニル[-CH2-CHCl- ]n, = 62.49882 g/mol, (化学種).
(6 > 高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(7 > 工業化学概論(目次)
山田保,尾藤忠旦著, 工業化学概論, 朝倉書店, (196).
(8 > 理工館4階展示品「物質と材料」
名古屋市科学館, あけてごらん科学のとびら, 名古屋市科学館, (1991).
(9エネルギ > 2011 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,2011年(平成23)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).