HOME 教育状況公表 本日
⇒#3268@講義;

0011.  高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23)

立花和宏
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23))の親単元は 【2011年(平成23)エネ変】 です。

初版
材料
有機材料1)
プラスチ2)
ポリビニルアルコール3)ビヒクルプライマー
導電性高分子と固体電解コンデンサ

高分子系の界面活性剤分散剤乳化剤4)
ラミネートパッケージ
プライマー
セパレータ変色しない
バインダ
増粘剤ヒビクル

光沢 透明 防湿性 ガスバリア酸素バリア  滑り 耐油性耐溶剤性 耐水性 印刷適性 膨潤 溶解 

物理量
分子量分布5)
数平均分子量6)
重量平均分子量7)
臨界ミセル濃度8)
クラフト9)
ゼータ電位10)
粘度11)

主な合成高分子化合物とその性質12)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,バインダ13)
エネルギー変換化学特論,溶剤バインダー水系バインダー14)
リチウムイオン次電池の高速充放電化と制御技術,電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池高速充放電15)
電極スラリーの調整と塗布乾燥と電極動作の理解16)

関連シラバス
リチウムイオン電池バインダーについて~PTFEの特徴~17)
最新リチウムイオン次電池バインダ18)

関連講義リチウムイオン次電池とその材料,リチウムイオン次電池とその材料19)

テキスト
高分子と分子集団合成20)
高分子化学21)

関連書籍
顔料充填ポリマー物性22)
バインダー23)
基礎的電気化学プロセス24)
液晶高分子入門目次25)
高分子と分子集団合成26)
界面の物理化学27)
吸着質28)
液体状態29)


実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性 > 高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 【201 > 化学工学 > 溶剤系バインダーと水系バインダー,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).

リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

 > 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,
立花 和宏,信頼性向上のためのリチウ, 講義ノート, (2010).

 > リチウムイオン二次電池とその材料,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池と, 講義ノート, (2010).

(1@ > 有機材料
有機材料, (材料).
(2@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチック
プラスチック, (材料).
(3@ > 有機材料 > 高分子材 > プラスチ > ポリビニルアルコール
ポリビニルアルコール, (材料).
(4実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性 > 高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(5分子量分布  [()].
(6数平均分子量  [()].
(7重量平均分子量  [()].
(8臨界ミセル濃度  [()].
(9クラフト点  [()].
(10ゼータ電位  [V(ボルト)].
(11粘度  [Pa・s(パスカル秒)].
(12主な合成高分子化合物とその性質.
(13実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(14エネルギ > 【201 > 化学工学 > 溶剤系バインダーと水系バインダー,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).
(15リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).
(16 > 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,
立花 和宏,信頼性向上のためのリチウ, 講義ノート, (2010).
(17リチウムイオン電池バインダーについて~PTFEの特徴~,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2010).
(18最新リチウムイオン二次電池―バインダ,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2009).
(19 > リチウムイオン二次電池とその材料,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池と, 講義ノート, (2010).
(20 > 高分子と分子集団合成
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(21 > 高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(22 > 顔料充填ポリマーの物性
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(23 > バインダー
金村聖志, 自動車用リチウムイオン電池, 日刊工業新聞社, (2010).
(24 > 基礎的電気化学プロセス
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(25 > 液晶・高分子入門(目次)
竹添秀男;渡辺順次, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004).
(26 > 高分子と分子集団合成
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(27 > 界面の物理化学
鈴木啓三, 応用物理化学I-構造と物性-, 培風館, (1985).
(28 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, (1995).
(29 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~(2011_H23) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3268'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3268 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-24">2019-8-24</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3268

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.