HOME 教育状況公表 本日
⇒#3271@講義;

0012.  化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23)

立花和宏
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23))の親単元は 【2011年(平成23)エネ変】 です。

初版
化学工学リチウム電池~分散スラリーの作成と塗布乾燥~

電池電極の構造
 電極性能にらんだスラリーブレンドと塗布乾燥の条件
 スラリー調整と活物質の配合
 活物質の粒径と導電助材の配合
 活物質および導電助材の分散
 スラリーの分散制御と粘度制御
 固体の接触と液体の濡れ
 導電助材の結着と集電体への接着
 乾燥時における分散系バインダー溶剤バインダー違い
 活物質および集電体表面におけるバインダー膨潤イオン泳動
 導電助材表面におけるバインダーよる電子伝導阻害
 乾燥過程における分散媒の除去と導電ーク形成

関連講義
電極操作の基礎とスラリー調整,スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件1)
電極動作の基礎とスラリーの調整/材料の分散、乾燥条件とインピーダンス測定による評価2)
信頼性向上のためのリチウムイオン電池の電極スラリーの配合および電極の設計3)

2 電極最適化のためのスラリ…は題名電極構造の基礎とスラリー調整材料の分散乾燥条件インピーダンス測定よる評価 主催&Tech 日時20093月中旬~下旬 10:0016:00間で調整(質疑応…ことが知られている第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥4)

粉体 分散 レオロジー 自由溶媒 吸着 パーコレーション コーティング 印刷

コンポジ電極と活物質
活物質単独での評価方法リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果5)クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化6)打ち込み電極7)
スラリー調整のための界面活性剤分散剤よる電位窓の変化リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響8)
分散バインダー溶剤バインダーよる内部抵抗の違いバインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係9)
乾燥過程における活物質粒子による凝集の違いリチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析10)
活物質表面への溶媒吸着による粒子間密着性低下リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性11)液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価12)
活物質炭素表面の極性非極性評価液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価13)
活物質へのバインダー被覆電池性能リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響14)バインダと電子伝導の阻害15)
導電助材へのバインダー被覆電池性能炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価16)
プレス電池性能へ及ぼす効果アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化17)
インピーダンス測定による評価と解釈Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique18)
テリーマネージメントと高速充放電の安全性コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化19)コッククロフト・ウォルトン回路20)

物理量
粘度ηPa・s剪断応力τPa速さvm/s
ゼータ電位ζV沈降速度xm/s
吸着等温線21)

関連講義
電極構造の理解とスラリー調整インピーダンス測定の基礎,第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解22)
ピカッとさいえんす,チョコレートとバレンタイン23)
理科楽しく♪おもしろ実験,チクソトロピーとダイラタンシー24)
電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化25)
リチウム電池における電極スラリーの調製と塗布技術,塗布・乾燥プロセスと電池性能26)
卒業研究-電気化学2004,バインダ27)
Liイオン電池の高速充放電技術,電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池高速充放電電子デバイス-日本電気-28)
合材の塗布乾燥合材の塗布・乾燥@C129)


関連書籍
電気化学測定法目次電気化学測定法(目次)30)
熱の出入りをともなう操作31)
第11章 乾燥32)
粉体と粒体33)
さらなる顔料分散性の向上34)
エネルギーをためる35)
エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)36)
リチウムイオン電池-材料と応用-目次リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)37)
エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)38)
リチウムイオン電池-材料と応用-目次リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)39)
図解電池のはなし目次【図解】電池のはなし(目次)40)
図解ひと目でわかる旭化成目次図解ひと目でわかる旭化成(目次)41)
リチウムイオン電池42)
粉砕と混合43)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,合材の塗布・乾燥@C144)
エネルギー変換化学特論,化学工学リチウム電池~分散スラリー作成と塗布乾燥~化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23)45)
リチウムイオン電池の高変換率高出力化,4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル46)
リチウムイオン電池に期待されるコンバーティング技術,リチウムイオン二次電池に期待されるコンバーティング技術47)
無機工業化学,印刷@無機工業化学48)


 > スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件,
立花 和宏,電極操作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2012).

 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).

クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化
○片倉英至,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).

実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).

バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).

リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.100 (2009).

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).

リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集, 1M28 p.218 (2007).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成14年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (2002).

Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,214th Meeting of ECS 講演要旨集 (2008).

コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会講演要旨集 (2007).

結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).

 > チクソトロピーとダイラタンシー,
立花 和宏,理科を楽しく♪(おもしろ, 講義ノート, (2011).

リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

リチウム > 塗布・乾燥プロセスと電池性能,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 合材 > 合材の塗布・乾燥@C1,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

実験方法 > 材料&試 > 合材 > 合材の塗布・乾燥@C1,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

 > 4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル,
立花 和宏,リチウムイオン電池の高変, 講義ノート, (2010).

 > リチウムイオン二次電池に期待されるコンバーティング技術,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池に, 講義ノート, (2011).

無機工業 > 印刷@無機工業化学,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

(1 > スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件,
立花 和宏,電極操作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2012).
(2電極動作の基礎とスラリーの調整/材料の分散、乾燥条件とインピーダンス測定による評価,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2014).
(3信頼性向上のためのリチウムイオン電池の電極スラリーの配合および電極の設計,,etc,,
立花 和宏,シラバス-, (2010).
(4 > 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥,
立花 和宏,電極動作の基礎とスラリー, 講義ノート, (2010).
(5リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果
渡邉 貴太, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(6クエン酸錯体法によるLiMxOy(M=Mn,Ni,Co)の合成とその電池活物質としての評価法の標準化
○片倉英至,立花和宏,仁科辰夫,松木健三,第39回電池討論会講演要旨集 (1998).
(7実験方法 > 電極 > 打ち込み電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(8リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).
(9バインダーが電池合材スラリーの分散に及ぼす効果と内部抵抗の関係
立花 和宏 , ○柳沼 雅章 , 仁科 辰夫 , 長澤 善幸 , 川口 正剛, 上島 浩一 , 沼田 俊一,2009年電気化学秋季大会講演要旨集 (2009).
(10リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).
(11リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.100 (2009).
(12液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).
(13液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).
(14リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫,2007年電気化学秋季大会講演要旨集, 1M28 p.218 (2007).
(15実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(16炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).
(17アルミニウム集電体上への炭素導電助材の塗布圧による充放電の変化
立花和宏,佐藤和美,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成14年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (2002).
(18Study on longevity assessment of LiI batteries for cardiac pacemakers using the impedance measurement technique
Nishimata tatsuki, Shishido michiaki,Tachibana kazuhiro,Nishina tatsuo,Ishikawa norio,Kakemizu ryuji,Takano joji,Watanabe nao,Kurita yasuo,Hashiizume kenichi,214th Meeting of ECS 講演要旨集 (2008).
(19コッククロフト・ウォルトン回路を用いた組電池マネージメントシステムの最適化
○西俣 樹,立花和宏,仁科辰夫,第48回電池討論会講演要旨集 (2007).
(20結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(21吸着等温線,比率,物質量, (プロット).
(22電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(23四丁目サ > チョコレートとバレンタイン,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2008).
(24 > チクソトロピーとダイラタンシー,
立花 和宏,理科を楽しく♪(おもしろ, 講義ノート, (2011).
(25リチウム > 電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレスと電池の高速充放電化,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).
(26リチウム > 塗布・乾燥プロセスと電池性能,リチウム二次電池における電極スラリーの調製と塗布技術
立花 和宏,リチウム二次電池における, 講義ノート, (2009).
(27実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(28電子デバイス-日本電気-キーワード.
(29実験方法 > 材料&試 > 合材 > 合材の塗布・乾燥@C1,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(30 > 電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, , (1984).
(31 > 熱の出入りをともなう操作
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, , (2002).
(32 > 第11章 乾燥
藤田 重文 著, 化学工学 1, 岩波書店, , (2015).
(33 > 粉体と粒体
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, , (1963).
(34 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, , (2009).
(35 > エネルギーをためる
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, , (2005).
(36 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, , (2007).
(37 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(38 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, , (2007).
(39 > リチウムイオン二次電池-材料と応用-(目次)
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, , (1996).
(40 > 【図解】電池のはなし(目次)
池田宏之助・武島源二・梅尾良之, 【図解】電池のはなし, 日本実業出版社, , (1996).
(41 > 図解ひと目でわかる旭化成(目次)
日刊工業新聞特別取材班, 図解ひと目でわかる旭化成, 日刊工業新聞社, , (2007).
(42電気化学 > エネルギ > リチウムイオン電池
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(43固体の取 > 粉砕と混合
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, p.118, (2002).
(44実験方法 > 材料&試 > 合材 > 合材の塗布・乾燥@C1,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(45エネルギ > 【201 > 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23),【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(46 > 4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル,
立花 和宏,リチウムイオン電池の高変, 講義ノート, (2010).
(47 > リチウムイオン二次電池に期待されるコンバーティング技術,
立花 和宏,リチウムイオン二次電池に, 講義ノート, (2011).
(48無機工業 > 印刷@無機工業化学,無機工業化学の関連科目
立花 和宏,無機工業化学, 講義ノート, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2011. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3271'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3271 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-25">2019-8-25</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3271

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.