HOME 教育状況公表 本日
⇒#3316@講義;

  粒子の分散と界面活性剤

立花和宏
http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(粒子の分散と界面活性剤)の親単元は 化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~(2011_H23) です。

初版
ゲル コロイド エアロゾル エマルション 解膠剤 乳化剤 界面活性剤 透析 電気透析 配向分極

物理量
臨界ミセル濃度1)秩序パラメータ2)被覆3)導電率4)誘電率5)モル体積6)セル定数7)双極子モーメント8)
吸着等温線9)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,分散電極10)
卒業研究-電気化学2004,高分子系の界面活性剤分散剤乳化剤11)

関連書籍
液体状態12)
有機ファインケミカルズ13)
吸着質14)
ケンと合成洗剤15)
さらなる顔料分散性の向上16)
分散系の電気化学17)

実験方法 > 電極 > 分散電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性 > 高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1臨界ミセル濃度( [].
(2秩序パラメータ( [].
(3被覆率( [分率].
(4導電率(conductibity [ジーメンス毎メートル].
(5誘電率(permittivity [ファラッド毎メートル].
(6モル体積( [立方メートル毎モル].
(7セル定数( [毎メートル].
(8双極子モーメント(electric dipole moment [クーロンメートル].
(9吸着等温線,比率,物質量, (プロット).
(10実験方法 > 電極 > 分散電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(11実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分 > 界面活性 > 高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(12 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(13 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(14 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, (1995).
(15 > セッケンと合成洗剤
佐野博敏、花房昭静, 総合図説化学, 第一学習社, (1995).
(16 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(17 > 分散系の電気化学
日本化学会編, 分子レベルからみた界面の電気化学, 東京大学出版会, (197).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 粒子の分散と界面活性剤 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3316'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3316 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-25">2019-8-25</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3316

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.