HOME 教育状況公表 本日
⇒#1089@レビュー;

9.2. イオンの移動, p.194

P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. アトキンス物理化学要論 第4版 . 東京化学同人,.

参照元

講義ノート【2011年(平成23)エネ変】


出典・引用元

レビュー】イオンの移動⇒#1089@レビュー;
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. アトキンス物理化学要論 第4版. 東京化学同人, 1998. p.194.
http://www.tkd-pbl.com/

引用・概要・要約・抄訳

抵抗率 伝導率 モル伝導率 極限モル伝導率 イオン伝導率 ドリフト速さ 移動度 ストークスの法則 流体力学的半径 グロタスの機構 等電点


書評・注釈・コメント

物理量導電率 κ 〔S/m粘度 η 〔Pa・s移動度 μ 〔m2/V・s

関連講義卒業研究-電気化学2004,コンダクトメトリー1)

関連書籍

バイオエレクトロケミストリー

電気化学生物のかかわり
蛋白質電気化学
生体関連物質の電気化学
生体機能電気化学

酵素 細胞膜 メディエーター 拡散係数 ブレディカ電流 触媒電流 等電点 イオン交換 カラムクロマトグラフィー 電気泳動

関連書籍現代電気化学目次1)
(1 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).

出典:
バイオエレクトロケミストリー
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 2)

ガスセンサ

ガスセンサのいろいろ
酸素センサ

固体電解質

ガス漏れセンサ

化学種酸化スズ1)ガス吸着によって導電率が変化すること利用したセンサ


関連書籍
情報変換と電気化学2)
複合系および接合系における電子伝導3)
(1酸化スズSnO2, = 150.7088 g/mol, (化学種).
(2 > 情報変換と電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(3材料物性 > 電気的物 > 複合系および接合系における電子伝導
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, , (1986).

出典:
ガスセンサ
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 4)


科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1089"> 9.2. イオンの移動, p.194 </a> <br/> P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=357"> アトキンス物理化学要論 第4版 </a> </cite>. 東京化学同人, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1089"> 参照 2010-12-20 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=1089

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.