HOME 教育状況公表 本日
⇒#3047@講義;

  第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥

http://ec.techzone.jp/products/detail.php?product_id=399

この 講義 電極動作の基礎とスラリーの調整/材料の分散、乾燥条件とインピーダンス測定による評価 の単元です。 この講義(第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥)の親単元は (null) です。

初版
題名電極構造の基礎とスラリー調整材料の分散乾燥条件インピーダンス測定よる評価
主催&Tech
日時20093月中旬~下旬
10:0016:00の間で調整質疑応答含む
会場川崎市教育文化会館  視聴覚教室神奈川川崎市
http://www.city.…

2 電極最適化のためのスラリー調整塗布乾燥
電子イオン同時供給-導電助材電解質接触点-
活物質受け入れない集電体-不働態皮膜のあしらい方-
配線コストの削減-粉体活物質の配合とスラリー調整
活物質導電助剤表面状態評価スラリー分散制御リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果1)
活物質の粒径と導電助材配合比表面積大きくしても内部抵抗は下がらない-正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-2)
固体活物質の泣き所-導電助材結着集電体への接着-
水分散系バインダー溶剤溶解バインダー導電助剤への電子伝導阻害バインダと電子伝導の阻害3)
バインダーの膨潤イオン伝導溶媒分解への影響
な塗布のために-レオロジー制御のための分散剤増粘剤
活物質や炭素表面溶媒分解-絶縁物こそ要注意-リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響4)
乾燥過程における分散媒の除去と導電ークの形成リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析5)

物理量
比表面積Sm2/kg

関連講義
第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解6)
バインダと電子伝導の阻害7)
カーボン材料|溶媒8)
卒業研究-電気化学2004,セミナー2009@C19)

関連書籍エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)10)エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術11)



リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
○楡木崇仁, 立花和宏, 川口正剛, 米竹孝一郎, 仁科辰夫,第50回電池討論会要旨集 (2009).

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).

リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).

電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
○楡木崇仁, 立花和宏, 川口正剛, 米竹孝一郎, 仁科辰夫,第50回電池討論会要旨集 (2009).
(2正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-活物質粒度の影響-
○千葉祐毅,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(3実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集, p.99 (2009).
(5リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,第50回電池討論会講演要旨集 (2009).
(6電極構造 > 第2講 電極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(7実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材 > カーボン材料|溶媒,導電助材|電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(9緒言(C > C1履歴 > 【200 > セミナー2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, , (2007).
(11エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術
立花和宏, 技術情報協会, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 第2講 電極最適化のためのスラリーの調整と塗布・乾燥 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11195'> 電極動作の基礎とスラリーの調整/材料の分散、乾燥条件とインピーダンス測定による評価 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3047'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3047 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-21">2019-10-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3047

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.