HOME 教育状況公表 本日
⇒#1973@講義;

  ゴムとポリマー

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(ゴムとポリマー)の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
イソプレンゴムIR1)ブタジエンゴムBR2)クロロプレンゴムCRスチレンブタジエンゴムSBR3)アクリロニトリルブタジエンゴムNBRアクリルゴムAC4)エラストマーなどがあります

PMMA5)ポリスチレン6)テトラヒドロフラン7)Binder No.1 4-18)Binder No.2, 4-29)Binder No.3, 4-310)

物理量
分子量分布11)
数平均分子量12)
重量平均分子量13)
臨界ミセル濃度14)
クラフト15)
ゼータ電位16)

可塑性弾性粘性などが気になりますSP値なども気になります

たきもとは2009年にそれまでの研究リチウムイオン次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した17)

○大木信典,…らは2005年に名古屋国際会議場名古屋市熱田区熱田西町-1開催された第46回電池討論会において蓄電性ゴムリチウムイオン次電池への応用と電池特性の改善について報告している18)

○渡邊剛,高…らは2005年に名古屋国際会議場名古屋市熱田区熱田西町-1開催された第46回電池討論会において有機電解液中における蓄電性ゴム膨潤特性電池性能ついて報告している19)

立花和宏,○…らは2004年に国立京都国際会館京都市左京区宝ヶ池開催された第45回電池討論会において導電助材及び電池活物質ゴム支持体に均混練したリチウムイオン次電池の正極特性の評価について報告している20)

関連講義
仁科先生の工場見学ルポ,ゴム皮革その他 21)
電気化学の庵,ゴム皮革その他JIS化学化学分析22)

関連書籍
有機化合物23)
材料の化学24)
高分子化学25)
液晶高分子入門目次26)
高分子と分子集団合成27)

蓄電ゴムの開発株式会社フコク28)
ゴム29)

関連講義エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~30)



蓄電性ゴムのリチウムイオン二次電池への応用と電池特性の改善
○大木信典,渡邊剛,仁科辰夫,立花和宏,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

有機電解液中における蓄電性ゴムの膨潤特性と電池性能
○渡邊剛,高橋壽雄,松下卓史,遠藤麻未,立花和宏,仁科辰夫,大木信典,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

導電助材及び電池活物質をゴム支持体に均一に混練したリチウムイオン二次電池の正極特性の評価
立花和宏,○大木信典,田中良樹,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形建明,松下卓史,岡本安由,遠藤麻未,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).

化学・化 > ゴム・皮革・その他,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).

規格と標 > JIS( > JIS. > ゴム・皮革・その他@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1@ > 有機材料 > プラスチ > ゴム > イソプレンゴム(IR)
イソプレンゴム(IR), (材料).
(2@ > 有機材料 > プラスチ > ゴム > ブタジエンゴム(BR)
ブタジエンゴム(BR), (材料).
(3@ > 有機材料 > プラスチ > ゴム > スチレンブタジエンゴム(SBR)
スチレンブタジエンゴム(SBR), (材料).
(4@ > 有機材料 > プラスチ > ゴム > アクリルゴム(ACN)
アクリルゴム(ACN), (材料).
(5PMMA, 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2010).
(6ポリスチレン, 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2010).
(7テトラヒドロフラン, 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2010).
(8Binder No.1 4-1, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(9Binder No.2, 4-2, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(10Binder No.3, 4-3, 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(11分子量分布( [].
(12数平均分子量( [].
(13重量平均分子量( [].
(14臨界ミセル濃度( [].
(15クラフト点( [].
(16ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(17リチウムイオン二次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性
瀧本 亮, 卒業論文, (2009).
(18蓄電性ゴムのリチウムイオン二次電池への応用と電池特性の改善
○大木信典,渡邊剛,仁科辰夫,立花和宏,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(19有機電解液中における蓄電性ゴムの膨潤特性と電池性能
○渡邊剛,高橋壽雄,松下卓史,遠藤麻未,立花和宏,仁科辰夫,大木信典,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(20導電助材及び電池活物質をゴム支持体に均一に混練したリチウムイオン二次電池の正極特性の評価
立花和宏,○大木信典,田中良樹,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形建明,松下卓史,岡本安由,遠藤麻未,第45回電池討論会講演要旨集 (2004).
(21化学・化 > ゴム・皮革・その他,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).
(22規格と標 > JIS( > JIS. > ゴム・皮革・その他@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).
(23 > 有機化合物
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(24人間生活 > 材料の化学
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(25 > 高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(26 > 液晶・高分子入門(目次)
竹添秀男;渡辺順次, 液晶・高分子入門, 裳華房, (2004).
(27 > 高分子と分子集団合成
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(28蓄電ゴムの開発プロジェクト.
(29@ > 有機材料 > プラスチ > ゴム
ゴム, (材料).
(30エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> ゴムとポリマー </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1973'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1973 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-12">2019-11-12</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1973

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.