HOME 教育状況公表 本日
⇒#1069@講義;

  蓄電性ゴム

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(蓄電性ゴム)の親単元は ゴムとポリマー です。

初版
ゴム電極1)

ゲル電解質2)

2008年度平成20卒業研究3)

たきもとは2009年にそれまでの研究リチウムイオン次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

K. Tat…らは2008年にEnergy Storage Rubber: Lithium Ion Battery Assembly with LiMn2O4 and TiO2 as Electrode Materialsについて報告し蓄電ゴム正極マンガンリチウム負極酸化チタン使ったアセンブルテスト たては2008年にそれまでの研究ポリマーマトリクス中の物質移動が電池反応に及ぼす影響というテーマ修…と述べている5)

2007年度平成19卒業研究6)アセンブル
まいこ7)たて8)

…らは2007年に特許出願2007254611酸化チタン混練した蓄電性ゴム及びそれ用いたリチウムイオン次電池について報告し出願番号 : 特許出願2007254611 出願日 : 200728 公開番号 : 特許公開200987651 公開日 : 200923 出願人 : 国立大学法人山…と述べている9)

2006年度平成18卒業研究10)負極への挑戦
おおき11)ほしの12)

おおきは2007年にそれまでの研究エネルギー貯蔵機能付与したゴム材料関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した13)

2005電解液で膨潤浸透
○大木信典,,蓄電性ゴム,46回電池14)
46回電池討論会@愛知県名古屋15)
いとう16)

2004正極の多孔質化
45回電池討論会京都府京都17)
おおき18)
ゴム電極AC19)

2003年度平成15卒業研究20)
2003蓄電性ゴムの開発着手
まみねえ21)

蓄電ゴムの開発株式会社フコク22)

ゴム電極使ったリチウムイオン次電池の開発23)
高分子電池24)

特許ゴム蓄電性ゴム25)
26)

関連講義仁科先生の工場見学ルポ,ゴム皮革その他27)

蓄電性ゴム並びにそれ用いた電気重層キャパシタ及びリチウム電池28)

立花和宏…らは2005年に特許出願2005330465蓄電性ゴム並びにそれ用いた電気重層キャパシタ及びリチウム電池ついて報告し…と述べている29)

特許出願2007297435リチウムイオン次電池30)

特許出願2007254611酸化チタン混練した蓄電性ゴム及びそれ用いたリチウムイオン次電池31)


実験方法 > 電極 > コンポジ > ゴム電極,コンポジット電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 高分子電 > ゲル電解質,高分子電解質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

蓄電性ゴムのリチウムイオン二次電池への応用と電池特性の改善
○大木信典,渡邊剛,仁科辰夫,立花和宏,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).

【学会】第46回電池討論会@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2004).

ゴム電極(ACM)グラフ.

緒言(C > C1履歴 >  【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

ゴム電極を使ったリチウムイオン二次電池の開発
立花 和宏, 研究ノート, (2005).

【特許】ゴム/蓄電性ゴム
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

ゴム電極(ACM)グラフ.

化学・化 > ゴム・皮革・その他,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).

(1実験方法 > 電極 > コンポジ > ゴム電極,コンポジット電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2実験方法 > 材料&試 > 電解液 > 高分子電 > ゲル電解質,高分子電解質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(3緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4リチウムイオン二次電池型蓄電性ゴムの実用化に向けたイオン液体の可能性
瀧本 亮, 卒業論文, (2009).
(5Energy Storage Rubber: Lithium Ion Battery Assembly with LiMn2O4 and TiO2 as Electrode Materials
K. Tate, K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo, T. Watanabe, and M. Sugawara, ITE-IBA Letters, 1, No.1, (2008).
(6緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(7ゴム支持体にチタン酸リチウムを活物質として用いたリチウムイオン二次電池の負極挙動
吉田 麻衣子, 卒業論文, (2008).
(8ポリマーマトリクス中の物質移動が電池反応に及ぼす影響
舘謙太, 修士論文, (2008).
(9特許出願2007-254611:酸化チタンを混練した蓄電性ゴム及びそれを用いたリチウムイオン二次電池
立花和宏, 特許出願2007-254611, (2007).
(10緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11エネルギー貯蔵機能を付与したゴム材料に関する研究
大木 信典, 修士論文, (2007).
(12リチウムイオン二次電池負極カーボン材料界面における脱溶媒和過程の解析
星野大助, 修士論文, (2007).
(13エネルギー貯蔵機能を付与したゴム材料に関する研究
大木 信典, 修士論文, (2007).
(14蓄電性ゴムのリチウムイオン二次電池への応用と電池特性の改善
○大木信典,渡邊剛,仁科辰夫,立花和宏,遠藤孝志,尾形健明,第46回電池討論会講演要旨集 (2005).
(15【学会】第46回電池討論会@愛知県名古屋市
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(16ゴム支持体に炭素材料を混練したスーパーキャパシタの電極特性の評価
伊藤裕, 卒業論文, (2006).
(17【学会】第45回電池討論会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2004).
(18導電助材及び電池活物質をゴム支持体に均一に混練したリチウムイオン二次電池の正極特性の評価
大木 信典, 卒業論文, (2005).
(19ゴム電極(ACM)グラフ.
(20緒言(C > C1履歴 >  【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
(21蓄電ゴム(仮)
遠藤 麻未, 卒業論文, (2004).
(22蓄電ゴムの開発/株式会社フコクプロジェクト.
(23ゴム電極を使ったリチウムイオン二次電池の開発
立花 和宏, 研究ノート, (2005).
(24 > 高分子電池
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).
(25【特許】ゴム/蓄電性ゴム
立花 和宏, 研究ノート, (2006).
(26ゴム電極(ACM)グラフ.
(27化学・化 > ゴム・皮革・その他,化学・化学分析関係
仁科 辰夫,仁科先生の工場見学ルポ, 講義ノート, (2006).
(28蓄電性ゴム並びにそれを用いた電気二重層キャパシタ及びリチウム電池
立花和宏、ほか, 特許出願2004-336442, (2004).
(29特許出願2005-330465:蓄電性ゴム並びにそれを用いた電気二重層キャパシタ及びリチウム電池
立花和宏, 特許出願2005-330465, (2005).
(30特許出願2007-297435:リチウムイオン二次電池
立花和宏, 特許出願2007-297435, (2007).
(31特許出願2007-254611:酸化チタンを混練した蓄電性ゴム及びそれを用いたリチウムイオン二次電池
立花和宏, 特許出願2007-254611, (2007).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 蓄電性ゴム </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1069'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1069 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-20">2019-11-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1069

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.