HOME 教育状況公表 令和3年10月22日
⇒#801@講義;

  材料&試料(消耗品)

伊藤 智博、仁科 辰夫
https://zaimuw1.kj.yamagata-u.ac.jp/glovia/gloviatop.htm

卒業研究(C1-電気化学2004~) では、 「 実験方法(C1) 」 の中で、 「材料&試料(消耗品)」について 述べられています ⇒#801@講義;。

初版

◆緒言講座1)

2)

3)

材料試料ついてです4)

材料はその部分取り出しても材料の特性が変わらないものです

酸化マンガン

内野理絵,アルカリ水溶,平成10年度アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電時における電極内部電位分布5)

化学種

スチレンブタジエンコポリマー(-(-CH2-CH=CH-CH2-)l-(-CH2-C(-Ph)H-)m-(-C(COOR1)-CH2-)n-(-R2COOH-)h-(-X-)k-)

材料

テフロン(PTFE)分散液テフロン(PTFE)分散液

KFポリマーL#1120(PVDF+NMP)

KFポリマーL#9130(PVDF+NMP)

ゴムバインダEPDM

スチレンブタジエンゴムSBRスチレンブタジエンゴム(SBR)

試料

アセチレンブラ基準試料アセチレンブラック(基準試料)6)

BM-400B(ジエンゴム+水)【除却】水系バインダー(ゴム)7)

PVDF 佐藤PVDF (佐藤)8)

ラテクスASBラテックス(ブタジエン/スチレン系)9)

PMMA10)ポリスチレン11)テトラヒドロフラン12)

Binder No.1 4-113)Binder No.2, 4-214)Binder No.3, 4-315)

関連講義

化学I,16)

化学I,17)

卒業研究-電気化学2004,緒言講座18)

電気化学の庵,19)

試料サンプルページ20)

アルカリ水溶液中における二酸化マンガンの放電時における電極内部電位分布


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )


✏ 平常演習 Web Class

✏ 課外報告書 Web Class



<h2> <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=801'> ◇ </a> <a href='https://zaimuw1.kj.yamagata-u.ac.jp/glovia/gloviatop.htm'> 材料&試料(消耗品) </a> </h2>

<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 伊藤 智博、仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=801'> <q><cite> 材料&試料(消耗品) </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=801'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=801 </a> ,  (参照 <time datetime="2021-10-22">2021-10-22</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=801

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.