HOME 教育状況公表 本日
⇒#1819@講義;

  合材


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(合材)の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
活物質1)バインダ2)スラリー状あるいはペースト状にしたものミクスチャーとも言われます集電体3)に塗布して電極4)5)とします

活物質導電助材6)および電解液と接触導通している必要がある
活物質の表面積接触面積活物質導電助材
接触面積活物質|電解液活物質表面積接触面積活物質導電助材被覆面積活物質バインダ

配合どんな物質どれくらい配合するか分散NMP活物質の種類粒径導電助材炭素
分散状態混合状態評価

リチウムイオン次電池の正極合材ではPVDFッ素ゴムEPDMなどNMPや水などに溶解あるいは分散して使います活物質粒子炭素導電助材粒子安定したスラリーなるには粒子同士が溶媒あるいは分散媒で濡れその媒質中で同符号に帯電して表面電位の電気的反発力で静電的に反発するか吸着した樹脂層の立体障害効果で凝集が抑制されなければなりません7)

表面特性の異なる複数の粉体粒子たとえば活物質と導電助材ような粉体粒子凝集させずに分散させなくてはならないので等電点の設定などがシビアしかも乾燥時には適切な順序で凝集させて電気的接触構成する必要がありますさらに塗布時のレオロジー特性コーティング方式合った分な印刷適性持っていることが重要です


関連講義
卒業研究C1-電気化学グループ-20042005,導電助材|活物質界面8)Liイオン次電池の高速充放電技術,電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池高速充放電9)
スラリーの乾燥と電池性能10)
化学工学機械的操作目次11)

実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 集電体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 電極の種類と作成,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 電極 > コンポジット電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 合材 > カーボンペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

 > 3―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス、電池の高速充放電化,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第9節  > スラリーの乾燥と電池性能,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > 材料&試 > 集電体,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(4実験方法 > 材料&試 > 電極の種類と作成,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(5実験方法 > 電極 > コンポジット電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(6実験方法 > 材料&試 > 合材 > カーボンペースト,合材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7 > 顔料分散の3つのステップ
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(8結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9 > 3―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス、電池の高速充放電化,
立花 和宏,Liイオン二次電池の高速, 講義ノート, (2009).
(10結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第9節  > スラリーの乾燥と電池性能,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(11 > 化学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 合材 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1819'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1819 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-14">2019-10-14</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1819

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.