HOME 教育状況公表 本日
⇒#2712@講義;

  固体粒子の分散

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(固体粒子の分散)の親単元は 合材 です。

初版
1)や導電助材分散するには界面活性剤が大切です界面活性剤は固体粒子表面吸着して溶媒中で固体粒子同士が凝集するの防ぎます乾燥時にはいなくなってくれるのが理想です

界面活性剤分散剤はその分散の目的から結着材とちがって乾燥によって完全に除去されて差し支えありませんしそうあるべきです2)3)4)やむ得ず粉体被覆する場合は完全に被覆するのではなく局所的に凝縮して粉体表面露出させる必要がありますたいていの分散剤は電子伝導阻害するので5)6)特に活物質表面や炭素導電助材の表面被覆することのないよう工夫が必要です

リチウムイオン次電池の正極合材ではPVDFッ素ゴムEPDMなどNMP水などに溶解あるいは分散して使います活物質粒子炭素導電助材粒子安定したスラリーなるには粒子同士が溶媒あるいは分散媒で濡れその媒質中で同符号に帯電して表面電位の電気的反発力で静電的に反発するか吸着した樹脂層の立体障害効果で凝集が抑制されなければなりません7)

関連講義電気化学の庵,顔料塗料書写材料JIS化学化学分析8)

実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

規格と標 > JIS( > JIS. > 顔料・塗料・書写材料@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

(1実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(2 > さらなる顔料分散性の向上
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(3 > 粉体の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(4 > 吸着質
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, (1995).
(5炭素導電助材を含む電極におけるパーコレーション現象を用いたバインダの評価
○柳沼雅章,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,第49回電池討論会講演要旨集, 巻:49th 頁:117 (2008).
(6実験方法 > 材料&試 > ゴムとポ > バインダ > バインダ > バインダと電子伝導の阻害,バインダーの特性
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(7 > 顔料分散の3つのステップ
中道敏彦, 図解入門 よくわかる顔料分散, 日刊工業新聞社, (2009).
(8規格と標 > JIS( > JIS. > 顔料・塗料・書写材料@JIS.K―化学・化学分析,JIS.K―化学・化学分析
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 固体粒子の分散 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2712'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2712 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-21">2019-9-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2712

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.