HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒2496@講義;

合材の塗布・乾燥@C1

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。


この講義の概要


概要

スラリーキャピラリーファニキュラーペンジュラー

アグリゲート アグロメレート フロキュレート


合材活物質炭素材料バインダ

物理量比表面積 S 〔m2/kg

キュア

スラリー乾燥に伴う粒子間の距離の縮小によってスラリー電気抵抗静電容量の比は変化する
スラリー電気抵抗静電容量の比は変化の仕方は含まれる粒子の種類と分散剤の種類により静電容量に対する電気抵抗の変化の急峻さで分類できる
静電容量に対して電気抵抗が緩やかに変化する炭素やカーボンコート活物質乾燥プロセスおいて粒子間の分散媒によって粒子が被覆されやすいため電極の内部抵抗が増加する可能性がある

佐藤史人,立…らは2011年に〒464-0813 名古屋種区仁座町名古屋大学東山キャンパス開催された第38回炭素材料学会においてコンダクトメトリーよる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ーク形成の解析について報告しているコンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析1)

○柳沼雅章,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池合材スラリーin-situインピーダンス測定による乾燥プロセス解析乾燥プロセスの解析について報告しているリチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析2)

ながせは2007年にそれまでの研究バインダ乾燥過程における電極表面の可視化というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業したバインダ乾燥過程における電極表面の可視化3)

小原大佑は2006年にそれまでの研究リチウムイオン次電池正極における炭素アルミニウム界面の接触抵抗低減させるバインダ塗布条件乾燥温度というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業したリチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度4)

○小原大佑,…らは2005年に東北大学 川内キャンパス宮城県仙台市青葉区川内開催された平成17年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池正極における炭素/アルミニウム界面接触抵抗低減させるバインダ塗布条件乾燥温度ついて報告しているリチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度5)

関連書籍
エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)6)
リチウムイオン二次電池用電極スラリーの設計用電池性能評価法7)

エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術8)

Li二次電池電極材料スラリー調整9)

関連講義
エネルギー変換化学特論,電池材料の分散とスラリーの調整10)
リチウムイオン電池の高変換率高出力化,4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル11)
有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤接触抵抗評価,アルミニウムへの合材スラリー塗布12)
電極操作の基礎とスラリー調整,スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件13)

動画チョコレートとバレンタイン14)
丁目サイエンス劇場チョコレートバレンタイン
http://c1.yz.yam…
コンダクトメトリーによる炭素材料分散スラリー乾燥過程における導電ネットワーク形成の解析
リチウムイオン二次電池合材スラリーのin-situインピーダンス測定による乾燥プロセスの解析
リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
電池材料の分散とスラリーの調整
4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル
アルミニウムへの合材スラリー塗布
スラリーの調整/材料の分散と乾燥条件
チョコレートとバレンタイン

関連の展示品

関連URL


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2496